コインチェック、Yuga Labsのメタバースプロジェクト『Otherside』上の土地を取得 Coincheck NFT(β版)で販売へ



コインチェックは、5月31日、NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」を手がけるYuga Labsが展開する新たなメタバースプロジェクト『Otherside』上の土地である「Otherdeed(NFT)」の取得を発表した。

今後、コインチェックでは取得した「Otherdeed」をCoincheck NFT(β版)にて販売していくほか、メタバースとNFTを掛け合わせた新たな顧客体験の創造をしていくための取組みを検討していく。

『Otherside』は、「web3に対応したmetaRPGのゲームフィールド」。分散型のメタバースゲームプラットフォーム『The Sandbox』をはじめ、オープンメタバース・NFT関連の子会社やプロジェクトを傘下にもつ「Animoca Brands」と「Yuga Labs」によって始まったプロジェクトとなる。

『Otherside』は、2022年3月のデモ動画が公開から注目を集め、2022年4月のローンチ初日に行われた「Otherdeed」の販売では購入希望者が殺到し、販売予定の5.5万区画の「Otherdeed」は、当日中に完売するほどだった。

「Otherdeed」の購入を検討される方は下部のリンクより。販売日は決まり次第、後日お知らせする。

コインチェック

会社情報

会社名
コインチェック
上場区分
kimura
企業データを見る