『Dead Space』のクリエイターがPUBGのKRAFTONとタッグ 新作SFサバイバルホラー『The Callisto Protocol』が12月2日に発売


Striking Distance StudiosとKRAFTONは、12月2日に、 『Dead Space』のクリエイターによる新作SFサバイバルホラーゲーム『The Callisto Protocol』を世界同時発売すると発表した。

代表的なゲームディレクターであるグレン・スコフィールド氏(Glen Schofield)が率いる業界のベテランチームによって作られた『The Callisto Protocol』は、 恐ろしいSF世界で残酷な戦闘と深い人間味のあるストーリーを融合させた、 次世代型のサバイバルホラーとなっている。

本作は、 PlayStation(R)️ 4、 PlayStation(R)️5、 Xbox One、 Xbox Series X|S、 PC向けに発売される予定。 『The Callisto Protocol』の詳細、 新しいゲームプレイトレーラーの確認、 および予約は、公式サイトで受け付けている。

『The Callisto Protocol』公式ゲームプレイ公開トレーラー



2320年の木星の衛星カリスト(Callisto)を舞台にした『The Callisto Protocol』でプレイヤーは、 最大限のセキュリティを誇るブラックアイアン刑務所から脱出し、 United Jupiter社の恐ろしい秘密を明らかにすることに挑む。

プレイヤーは周囲を探索し、 シューティングと近接戦闘を組み合わせた独自の戦術を駆使して、 カリストを混乱に陥れた謎のアウトブレイクを生き延びなくてはならない。

このゲームでは、 ブラックアイアン刑務所の奥深くに閉じ込められた貨物船のパイロット、 ジェイコブ・リーをジョシュ・デュアメルが演じ、 謎の囚人仲間を『ザ・ボーイズ』の名優、 福原かれんが演じている。 ゲームのキャストやストーリーの詳細については、 今年後半に明らかになる予定。


Striking Distance StudiosのCEOであるグレン・スコフィールド氏は、 「ゲームディレクターとして、 プレイヤーがコントローラを置いた後もずっと残るような恐怖を与えることほど満足のいくことはありません」と述べている。

「サバイバルホラーゲームは、 何十年にもわたって私が情熱を注いできたもので、 今年後半に発売する『The Callisto Protocol』では、 最新ゲーム機を活用して、 このジャンルを新たな恐怖の世界へと導くことができると思うと、 今からワクワクしています。 」

Striking Distance Studiosは、 「ホラーエンジニアリング」と呼ばれる独自のデザインプロセスを用いて、 『The Callisto Protocol』を開発中です。 残虐性、 雰囲気、 緊張感、 人間性、 絶望感などの要素を融合させ、 忘れられない恐怖を提供し、 プレイヤーはカリストとブラックアイアン刑務所の恐怖から逃れ生き残るため、 恐怖に心臓が早鐘を打つのを抑えることができない。

KRAFTONのCEOであるC.H. キム氏は、 「Striking Distance Studiosのチームは熟練した技術者であり、 今年の後半に、 『The Callisto Protocol』を世界に紹介できることに興奮しています」と語っている。

「KRAFTONでは、 アート、 デザイン、 テクノロジーが交差する素晴らしい体験を構築するチームを支援しており、 Striking Distance Studiosは欧米における当社のフラッグシップ開発チームです」。

『The Callisto Protocol』は、 デイワン(Day One)版、 スタンダード版、 デジタルデラックス版の3種類の予約を受付中です。 米国とカナダのGamestopとEB Gamesで限定販売されるコレクターズ・エディションには、 限定生産のスチールブックケース、 コミックブック、 超プレミアムなコレクターズフィギュアが同梱されている。

Striking Distance StudiosとKRAFTONは、 『The Callisto Protocol』の戦略的グローバルマーケティングおよび配給パートナーとして、 Skybound Entertainmentと提携している。


Striking Distance Studios

会社情報

会社名
Striking Distance Studios
企業データを見る