【ゲーム株概況(6/20)】国内証券が目標株価引き上げのスクエニHDが反発 ANYCOLORは利益確定の売りが続き大幅続落…終値で7000円割れ

  • 6月20日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比191.78円安の2万5771.22円で取引を終えた。世界的な金融引き締めの流れから世界経済が減速するとの見方が広がっていることが市場の心理を冷やす形となった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>やガーラ<4777>、東京通信<7359>が大幅続伸した。

    大手ゲーム株ではスクウェア・エニックスHD<9684>が7営業日ぶりに反発した。スクエニHDは、SMBC日興証券が投資判断「1」を継続し、目標株価を8300円から8900円に引き上げたことが市場の関心を集めたもようだ。

    また、WEB3.0時代のNFTやメタバースと連動する次世代型アーティスト/クリエイターネットワーク「AKIBA EDEN」のベータ版をリリースしたことを発表したカヤック<3904>が一時853円まで買われた。

    半面、ANYCOLOR<5032>はこの日も利益確定の売り物に押されて大幅続落し、終値で7000円台を割り込んだ。

    ほか、CRI・ミドルウェア<3698>やエディア<3935>、ギークス<7060>などが売られた。

株式会社カヤック
http://www.kayac.com/

会社情報

会社名
株式会社カヤック
設立
2005年1月
代表者
代表取締役CEO 柳澤 大輔/代表取締役CTO 貝畑 政徳/代表取締役CBO 久場 智喜
決算期
12月
直近業績
売上高125億6600万円、営業利益11億4300万円、経常利益12億6600万円、最終利益8億2900万円(2021年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3904
企業データを見る
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
https://www.hd.square-enix.com/jpn/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
設立
1975年9月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高3652億7500万円、営業利益592億6100万円、経常利益707億400万円、最終利益510億1300万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9684
企業データを見る
ANYCOLOR株式会社
https://www.anycolor.co.jp/

会社情報

会社名
ANYCOLOR株式会社
設立
2017年5月
代表者
田角陸
決算期
4月
上場区分
東証グロース
証券コード
5032
企業データを見る