ハピネットファントム・スタジオ、2022年3月期の決算は最終利益1700万円

ハピネットファントム・スタジオの2022年3月期(第2期)の決算は、最終利益が1700万円だった。6月24日付の「官報」に掲載された「決算公告」で判明した。2021年4月1日より事業を開始した会社であるため、実質的に第1期の決算となる。

同社は、ハピネット<7552>の完全子会社で、新設した会社にハピネット本体にある映像部門と、子会社のファントム・フィルムを統合する形で誕生した映像関連企業。

映像作品の企画・製作から配給、国内外へ向けたライツやパッケージ販売まで一気通貫したビジネスを行うとともに、両社のノウハウを活かし、良質な作品をより多く提供したい、としている。

 

株式会社ハピネット
https://www.happinet.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ハピネット
設立
1969年6月
代表者
代表取締役会長兼最高経営責任者 苗手 一彦/代表取締役社長兼最高執行責任者 榎本 誠一
決算期
3月
直近業績
売上高2593億1300万円、営業利益42億4900万円、経常利益43億2100万円、最終利益25億9100万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7552
企業データを見る