【ゲーム株概況(7/15)】ワンダープラネットが連日のS高 ダイナモピクチャーズ買収の任天堂は5日続伸 UUUMは今期増収増益見込むも株価は反落

  • 7月15日の東京株式市場では、日経平均は3日続伸し、前日比145.08円高の2万6788.47円で取引を終えた。日経平均への寄与度の大きいファーストリテイリング<9983>が今期業績予想の上方修正を受けて年初来高値を更新したことが指数を押し上げた。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ワンダープラネット<4199>が連日のストップ高となったほか、ガーラ<4777>が大幅反発した。

    また、CGアニメーションを含む映像コンテンツの企画・制作を手掛けるダイナモピクチャーズの子会社化を発表した任天堂<7974>が5日続伸した。

    この日の大引け後に決算発表を控えていたブロッコリー<2706>やテンダ<4198>、サイバーステップ<3810>も総じて買われた。

    半面、gumi<3903>やenish<3667>、東京通信<7359>などが売られた。

    前日14日に2022年5月期決算を発表したUUUM<3990>は、今期はレンジ予想ながらも増収増益の見通しとしたものの、市場の成長期待からは物足りないとの見方から反落する形となった。

    ANYCOLOR<5032>は反落した。

任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆6953億円、営業利益5927億円、経常利益6708億円、最終利益4776億円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7974
企業データを見る
UUUM(ウーム)株式会社
https://www.uuum.co.jp/

会社情報

会社名
UUUM(ウーム)株式会社
設立
2013年6月
代表者
代表取締役社長執行役員兼CEO 鎌田 和樹
決算期
5月
直近業績
売上高235億8400万円、営業利益9億7100万円、経常利益10億200万円、最終利益4億4800万円(2022年5月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3990
企業データを見る