【ゲーム株概況(7/28)】新作『アリスフィクション』が好発進のワンダープラネットがS高 中計方針や新作情報開示のgumiは大幅反発

  • 7月28日の東京株式市場では、日経平均は続伸し、前日比99.73円高の2万7815.48円で取引を終えた。米FOMC(連邦公開市場委員会)で0.75%の利上げが決まったものの、その後の会見で利上げペース緩和の可能性が示唆されたことで米国市場が上昇し、その流れが国内市場にも波及した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ワンダープラネット<4199>がストップ高した。ワンダープラネットは、前日27日にリリースしたばかりの新作『アリスフィクション』がApp Storeセールスランキング(ゲームカテゴリー)で早くもトップ30圏内にランクインするなど好スタートを切っていることが市場の関心を集めているようだ。

    また、gumi<3903>が大幅反発した。gumiは、中期経営戦略の進捗と今後の事業方針を前日27日に明らかにしており、メタバース事業での利益創出を目指すことや、モバイルオンラインゲーム事業では子会社FgG開発のオリジナルタイトルを今冬配信予定であることを明らかにしたことが評価材料となっているもよう。

    ほか、ブシロード<7803>が3日続伸し、グリー<3632>やユークス<4334>なども買われた。

    半面、サイバーエージェント<4751>は、前日27日に発表した第3四半期決算が市場の想定を以上に減速したとの見方から大幅反落した。

    岩井コスモ証券が目標株価は4000円を据え置いたものの、投資判断を「A」から「B」に格下げしたカプコン<9697>は続落した。

    ほか、アエリア<3758>や日本一ソフト<3851>、テンダ<4198>などが売られた。

株式会社gumi
http://gu3.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社gumi
設立
2007年6月
代表者
川本 寛之
決算期
4月
直近業績
売上高189億4200万円、営業損益22億6200万円の赤字、経常損益38億9000万円の赤字、最終損益62億7300万円の赤字(2022年4月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3903
企業データを見る
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る
ワンダープラネット株式会社
http://wonderpla.net/

会社情報

会社名
ワンダープラネット株式会社
設立
2012年9月
代表者
代表取締役社長CEO 常川 友樹
決算期
8月
直近業績
売上高34億3400万円、営業利益3億1200万円、経常利益3億1200万円、最終利益2億2400万円(2020年8月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
4199
企業データを見る