東京通信、第2四半期(1~6月)決算は営業益90.8%減に 当初想定していた新規事業を中心とした先行投資の前倒しを実施

  • 東京通信<7359>は、8月4日、2022年12月期の第2四半期累計(1~6月)の連結決算を発表、当初想定していた新規事業を中心とした先行投資の前倒しもあり、大幅な減益となった。

    また、2022年11月に予定している本社移転に関わる費用が増加し、最終利益は赤字計上となった。

    売上高24億6800万円(前年同期23億5100万円)
    営業利益2900万円(前年同期比90.8%減)
    経常利益5400万円(同80.6%減)
    最終損益2800万円の赤字(前年同期1億6000万円の黒字)
    ※売上高は「収益認識に関する会計基準」等の適用に伴い、前年同期比較が非開示。

    プラットフォーム事業にてティファレトが運営する電話占い「カリス」が堅調に推移するものの、インターネットメディア事業にて世界的なヒットを記録したハイパーカジュアルゲームアプリ「Save them all」に続くヒット作を創出できていないこともあり、売上高が減少した。

    また、東アジアに向けてアプリの提供の本格化、新たなるジャンルとしてPlay to Earn(P2E)領域のインセンティブゲームのプロモーションの強化、自社コンテンツの家庭用ゲーム機などのプラットフォーム展開により、開発費および広告出稿費が増加した。

    ■5月に通期予想の下方修正を実施
    2022年12月期通期の連結業績予想については、5月31日に従来予想の下方修正を実施しており、以下のとおり。

    売上高53億円(前年同期59億円)
    営業利益1000万円(同97.9%減)
    経常利益1000万円(同97.6%減)
    最終損益1億4000万円の赤字(前年同期2億3000万円の黒字)

株式会社東京通信
https://tokyo-tsushin.com/

会社情報

会社名
株式会社東京通信
設立
2015年5月
代表者
代表取締役会長 外川 穣/代表取締役社長CEO 古屋 佑樹
決算期
12月
直近業績
売上高47億3100万円、営業利益4億6500万円、経常利益4億2400万円、最終利益2億200万円(2021年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
7359
企業データを見る