コムシード、第1四半期(4~6月)決算は1000万円の営業赤字を計上 新規事業の投資が先行 ソーシャルカジノプロジェクトは年内のサービス開始を目指す

  • コムシード<3789>は、8月10日、2023年3月期の第1四半期(4~6月)の連結決算を発表、連結決算以降後初の第1四半期決算となるため、前年同期比較はないが、各利益項目とも赤字計上にとどまった。

    売上高4億1000万円
    営業損益1000万円の赤字
    経常損益900万円の赤字
    最終損益1000万円の赤字

    セグメント別の状況は以下のとおり。

    ①モバイル事業 売上高4億1000万円、セグメント損益900万円の赤字
    既存事業であるソーシャルゲーム運営および新規事業であるソーシャルカジノゲーム開発を進行しており、売上高は堅調に推移しているが、主な売上計上予定が第2四半期以降に偏っていることと、利益面については新規事業における投資が先行した。また、100%子会社であるアイビープログレスで進行中の受託開発事業の収益が第3四半期以降に偏重する計画であることから、現時点では損失を計上となった。

    ・ソーシャルゲーム
    主力サービスのバーチャルホール「グリパチ」が前会計年度を上回り、堅調に推移した。定期的な新アプリの投入やYouTube生放送と連動したイベントなど、各種施策が功を奏し、リリースから10年を経てなお、多くのユーザーが利用しており、会員数は580万人を突破している。

    ・従量制アプリ
    第2四半期以降にリリース予定のタイトルに関する開発を進行した。

    ・受託開発および運営業務
    ストック型案件、フロー型案件ともに想定通りに推移した。なお、フロー型案件については、アイビープログレスで進行している複数の受託開発収益が第3四半期以降に大幅に寄与していく計画となっている。

    ・その他新規事業
    韓国子会社CommSeed Koreaとの日韓合同チームでソーシャルカジノプロジェクトの開発を進行した。本プロジェクトはこの四半期においてゲームの基幹部分の開発を終え、ゲーム性などのブラッシュアップや作り込みのフェーズに入っており、2022年中のサービス開始を目指している。

    ②ブロックチェーン事業 売上高ゼロ、セグメント損益95万円の赤字
    2022年4月にグループのブロックチェーン事業を担う目的で、100%子会社HashLinkを設立し、第2四半期に販売を予定しているNFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」に関する準備および告知活動を進めた。

    ■通期予想は非開示
    2023年3月期通期の連結業績予想については、現時点で合理的な算出は困難であるため非開示としている。

コムシード株式会社
https://www.commseed.net/

会社情報

会社名
コムシード株式会社
設立
1991年12月
代表者
代表取締役社長CEO 塚原 謙次/代表取締役副社長COO 李 正攝
決算期
3月
直近業績
売上高19億1500万円、営業利益9200万円、経常利益7500万円、最終利益8300万円(2022年3月期)
上場区分
名証セントレックス
証券コード
3789
企業データを見る