ワンダープラネットが組織変更 スタジオ制廃止、ユニバーサルゲーム事業部とグローバルマーケティング&クリエイティブ事業部を新設

ワンダープラネット<4199>は、今後の注力分野であるスマホゲームの全世界同時配信・同時運営の体制をより強固にしていくため、2022年9月1日付で組織変更を行ったことを明らかにした。同社は、ミッション「楽しいね!を、世界中の日常へ。」の実現に向けて事業をおこなう中で、2022年7月にリリースした新タイトル『アリスフィクション』で同社初の全世界同時配信・同時運営を行った。今回の組織体制の変更を通じて、さらなる事業成長を目指す。


■組織変更
名古屋、東京、それぞれの拠点に置かれていた名古屋スタジオ、東京スタジオのスタジオ制を廃止し、下記2つの事業部を新設した。

・ユニバーサルゲーム事業部
全世界同時配信タイトルの企画・開発・運営への最適化を目的としたワンチーム構造の組織を実現するために、ユニバーサルゲーム事業部を新設した。『クラッシュフィーバー』『ジャンプチ ヒーローズ』の2タイトルの企画・開発・運営で培った、名古屋スタジオの新規開発および長期運営のノウハウと、東京スタジオの海外展開力を掛け合わせることで、一層の組織強化を図っていく。

・グローバルマーケティング&クリエイティブ事業部
全世界同時配信タイトルの企画・開発・運営をマーケティングおよびクリエイティブ面から支えるために、グローバルマーケティング&クリエイティブ事業部を新設した。これまで自社タイトルおよび他社タイトルの海外展開で培った、各国のトレンドや文化を踏まえた企画立案力を生かして、同社タイトルの世界規模での成功を目指していく。


この2つの事業部を新設し、全社横断的な組織構造にすることによって、拠点にとらわれず事業の強みを発揮できる体制の実現を目指す、としている。

ワンダープラネット株式会社
http://wonderpla.net/

会社情報

会社名
ワンダープラネット株式会社
設立
2012年9月
代表者
代表取締役社長CEO 常川 友樹
決算期
8月
直近業績
売上高34億3400万円、営業利益3億1200万円、経常利益3億1200万円、最終利益2億2400万円(2020年8月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
4199
企業データを見る