HEROZ、持分法適用関連会社のバリオセキュアと資本業務提携 第三者割当増資を引き受け連結子会社化

  • HEROZ<4382>は、9月9日、持分法適用関連会社であるバリオセキュア<4494>と資本業務提携契約を締結し、バリオセキュアが実施する第三者割当増資71万株を引き受けることを発表した。取得価額は8億3638万円。

    この第三者割当増資によって持分比率は40%以上となり、同社がバリオセキュアに役員派遣などを行うことで、実質支配力基準によりバリオセキュアは同社の連結子会社に該当することとなる。

    ◆業務提携の内容
    同社とバリオセキュアは、両者の企業価値向上を目指し主に以下の項目について業務提携を行うこととした。

    ・同社が有するAI技術およびバリオセキュアが有する産業ドメイン知識、データなどの経営
    資源の相互提供および協業を通じたAIセキュリティカンパニーの実現、新領域への協業促進
    ・バリオセキュアのマネージドセキュリティサービスのAI活用とゼロトラスト領域へサービスの拡大の推進
    ・バリオセキュアの顧客が接するフロント部分のサービスに限定されないバックヤード(基幹システム)におけるAIの活用の推進、当該活用に基づく省力化、効率化並びに販売促進に向けたAI技術を活用

    なお、この連結子会社化に伴い、HEROZは連結決算に移行する。連結決算への移行に伴い、営業利益、経常利益、最終利益は現在精査中であるため未定としている。

HEROZ株式会社
http://heroz.co.jp/

会社情報

会社名
HEROZ株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役Co-CEO 林 隆弘/代表取締役Co-CEO 髙橋 知裕
決算期
4月
直近業績
売上高14億8200万円、営業利益3400万円、経常利益8700万円、最終利益4900万円(2022年4月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4382
企業データを見る