EGセキュアソリューションズ、AWS設定時の不備・リスクを監査する「AWS設定監査サービス」提供開始

イー・ガーディアン<6050>のグループ会社であるEGセキュアソリューションズは、2022年9月13日より、Amazon Web Services(AWS)の設定状況についてセキュリティ上の不備がないか監査・報告を行う「AWS設定監査サービス」を提供開始することを発表した。

本サービスでは、自動監査ツールを活用した監査に加えて監査員が直接AWSマネジメントコンソールにログインし目視確認を行い、監査を行った結果としてクラウド環境設定のベストプラクティスである「CIS Amazon Web Services Foundations Benchmark」への準拠率と総合評価、非準拠である項目の概要、改善方法などをまとめた「AWS設定監査報告書」を提出する。

本サービスの提供により、ツールだけではチェックしきれないセキュリティ項目の監査を行い、その報告書を基に企業での迅速な改善につなげることで企業のセキュリティ対策をより一層強化させることに貢献する。


【「AWS設定監査サービス」概要】
・自動監査ツールを用いてAWSへ接続し設定監査を実施
・監査員がAWSマネジメントコンソールにログインし、 目視確認を実施
・監査結果をまとめた「AWS設定監査報告書」を作成/提出(「CIS Amazon Web Services Foundations Benchmark」への準拠率と総合評価/非準拠である項目の概要・改善方法など)

イー・ガーディアン株式会社
https://www.e-guardian.co.jp/

会社情報

会社名
イー・ガーディアン株式会社
設立
1998年5月
代表者
代表取締役社長 高谷 康久
決算期
9月
直近業績
売上高99億3300万円、営業利益19億6800万円、経常利益20億4000万円、最終利益10億8600万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
6050
企業データを見る