【ゲーム株概況(9/13)】『スプラトゥーン3』の国内販売好調の任天堂が一気に6万円台を回復 gumiは大幅続伸 引け後に決算発表控えたアピリッツも買われる

  • 9月13日の東京株式市場では、日経平均は4日続伸し、前日比72.52円高の2万8614.63円で取引を終えた。前日の米国市場の上昇に加え、新型コロナウイルスの水際対策の緩和などへの期待もあり、朝方から買いが先行した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、gumi<3903>が大幅続伸したほか、壽屋(コトブキヤ)<7809>やサンリオ<8136>が年初来高値を更新した。

    また、Nintendo Switch向けソフト『スプラトゥーン3』の国内販売本数が3日間で345万本を突破したと発表した任天堂<7974>が大幅続伸し、一気に6万円台を回復した。

    ほか、この日の大引け後に第2四半期決算の発表を控えたアピリッツ<4174>のほか、ワンダープラネット<4199>、アエリア<3758>、オルトプラス<3672>なども買われた。

    半面、前日は今期の黒字転換予想を材料に買われたエイチーム<3662>が利益確定の売り物に押され、メタバース関連を材料にこのところ4ケタ付近まで買われてきていたクルーズ<2138>は3日続落となった。

    同様にガーラ<4777>の下げもきつく、東京通信<7359>も売られた。

株式会社アピリッツ
https://appirits.com/

会社情報

会社名
株式会社アピリッツ
設立
2000年7月
代表者
代表取締役社長 執行役員CEO 和田 順児
決算期
1月
直近業績
売上高47億9500万円、営業利益2億3300万円、経常利益2億2000万円、最終利益1億900万円(2022年1月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4174
企業データを見る
任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆6953億円、営業利益5927億円、経常利益6708億円、最終利益4776億円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7974
企業データを見る