thatgamecompany、『Sky 星を紡ぐ子どもたち』がTGS2022で実施した生配信イベント「スペシャルサポーターの梶裕貴さんと語るSkyの世界」の公式レポートが到着


thatgamecompanyは、『Sky 星を紡ぐ子どもたち』(以下Sky)において、9月15日~18日に開催された東京ゲームショウ2022に出展した。本稿では、9月16日にSkyのスペシャルサポーターである梶裕貴さんが登場し、Skyのブースより実施した生配信にイベントついての公式レポートをお届けしていく。


<以下、プレスリリースより>

・東京ゲームショウの会場よりお届け!SkyのYoutube生配信に梶裕貴さんが登場
配信には梶裕貴さんとthatgamecompanyのジャパン・ブランド・リード 水谷立(みずたにりつ)が登場。2022年3月のAnime JapanにてSkyスペシャルサポーターとなっていただいた際より、またSkyについてお話する時間を持ちたいと思っていただいていたそうで、「2022年のうちに、またSkyについて話せる機会を用意していただけて、すごく嬉しいです」と、喜びのお声をいただきました。また「今回の東京ゲームショウは広い会場内に様々な舞台がある中、Skyのステージは、まるでお家にいるような安心感がある独特な空間」と配信を行うブースに関してアットホーム感を感じている様子も見受けられました。



・Skyの3周年を受け、「自分の人生の大切な一部」
thatgamecompanyにとって4作品目となるSkyは今年の7月で3周年を迎えました。Skyは、ゲーム体験を通じてプレイヤーひとりひとりが心から繋がり、思いやりを分かち合うことで人の持つ優しさや明るさを感じられる世界を目指しています。世界で12言語に翻訳され、誰もが楽しめるシンプルで直観的な操作や感情をゆさぶる美しいビジュアルとサウンドで、老若男女を問わず幅広い方にプレイいただいており、「Apple 2019 年ベストiPhone ゲーム」や「GooglePlay ベストオブ2020 ゲーム インディー/ クリエイティブ部門」、そして昨日2022年9月15日には、日本ゲーム大賞2022で優秀賞をいただき、世界中で26の賞を受賞してきました。

3周年を受けて、スペシャルサポーターになる以前からSkyをプレイしてくださっていたという梶さんは「あっという間の3年間だったような気もしますし、もっと昔から身近にいてくれた存在なんじゃないかなとも感じられます。そう思えるくらい、今となっては、自分の人生の大切な一部です」とコメント。「様々な文化や言語を超えてコミュニケーションがとれる素敵なゲーム。これまでゲームにはなかなか触れる機会がなかったという方にもおすすめしたい作品です。難しい技術やセンスは必要ないと思うので、まずは作品に触れて、世界観に魅了されて欲しいです。」とSkyへの思いを語りました。



・今年12月に登場予定!SkyのPlayStation版配信について

配信では、今年12月に予定しているPlayStation版の配信タイミングについてお知らせしました。これまでスマートフォン、Nintendo Switchと世界を広げてきたSkyが、今年12月にPlayStation版を配信するというのニュースを受け、梶さんは「また世界が広がりますね!」とコメント。

SkyのブースにPlayStation版の試遊機があることをお伝えすると、「このあとブース全体を含めて、是非覗いていきたいです!」とお話いただき、配信終了後は実際にPlayStation版をお楽しみいただきました。

・世界初公開!「Skyアニメーションプロジェクト」最新トレイラーのクオリティに梶さんも感動

Skyではゲームをアニメ化する「Skyアニメーションプロジェクト」が進行しており、配信では最新トレイラーを世界で初公開いたしました。Anime Japanで本プロジェクトについて発表した際一緒にいた梶さんは「どういった展開をしていくのか、いちファンとして気になっていました」とコメント。新しいカットを含むアニメーションの最新トレイラーを見て「以前、大々的に発表した企画だったので、皆さんの期待値も”爆上がり”だったと思いますが、それを優に超えるクオリティでしたね!」と嬉しい感想をいただきました。

【YouTube URL】
https://www.youtube.com/watch?v=btJ6FgeMzbQ

・梶さんと一緒にプレイ!梶さんが語るSkyの魅力とは?
梶裕貴さんがいつも使用されているというNintendo Switch版をご用意し、実際にSkyをプレイしていただきました。普段はご友人とプレイすることが多いという梶さん。慣れている様子でゲームを進めながら、「Skyは映像がとてもキレイで、観ているだけで心癒されます。アクションとしてのゲーム性も十分ですが、同時に”何かをクリアしなくちゃいけない”といったノルマなどの煩わさもありません。空を飛ぶだけなら頭を空っぽにして楽しめますし、誰かと一緒にプレイすれば、更に世界が広がります。僕も最初はスマホでプレイしていましたが、このクオリティのゲームがスマホで、かつ無料でプレイ出来るというのは本当にすごいですよね。対応機種もどんどん増えて、ますます盛り上がっていってくれるはず!」とSkyの楽しみ方や魅力を語っていただきました。



・ナレーションを担当した「星たちの軌跡」の収録では感極まるシーンも
Skyの3年間の歴史を振り返る特別映像「星たちの軌跡」は、梶さんにナレーションをご担当いただきました。梶さんは「動画をご覧いただければ、これまでにどんな素敵なイベントがあったのかが伝わると思います。実際にナレーションをした際、僕自身の中での思い出が巡り、感極まるものがありました。”こんな季節あったなあ”という感謝の思いも込めてナレーションさせていただいたので、是非ご覧いただけたら嬉しいですね。」と、思い出を振り返りながら、動画について語りました。また、「Skyは音楽も最高なんです!お風呂でよくサウンドトラックを聴いていますね」という、私生活が垣間見えるエピソードもお話しいただきました。



・配信を振り返って「Skyは第二の故郷のような安心感」

 「今日の東京ゲームショウでは他のステージにも登壇させていただき、一番最後にSkyが待っていました。どこか”自分のホームに帰ってきた”というような感覚があり、まるで第二の故郷のような安心感を感じながら配信させていただけました。水谷さんやSkyチームの皆さんとも再会でき、会場の皆さんとも直接お会い出来たり、短い時間ではありましたが、とても楽しい思い出が出来ました。初めてSkyに興味を持たれた方がいたとすれば、入口としてふさわしい内容だったのではないかと思います。今後は玄人向けのコンテンツも何かやっていきたいですね!」とコメント。

「まさか1年に2回もこういったイベントが開催出来るなんて思っていなかったので、本当に嬉しかったです!来年以降も、こういう機会があると尚喜ばしいですね。改めて、3周年おめでとうございます!今後4周年、5周年、10周年、100周年に向けて、ここにいらっしゃる皆さん、配信を見ていらっしゃる皆さんもともに、僕自身も楽しみながらSkyを盛り上げていきたいと思います!」と、Skyとの今後についての前向きなコメントをいただきました。
 
・梶さんも体験!東京ゲームショウ2022に初出展したSkyのブースをご紹介
東京ゲームショウで出展したSkyのブースは、ゲームに出てくる草原のステージを再現したデザイン。梶さんとプレイしたNintendo Switch版に加え、今年12月に登場予定のPlayStation版の試遊機もご用意しました。



Skyのブースでは、ご来場いただいた方々からメッセージをいただき皆さんと一緒に会場を完成させました。また、#SkyTGS2022のハッシュタグをつけてInstagramにご投稿いただいたお写真をブース中央のスクリーンに掲出し、会場に来られない方にもご参加いただきました。



梶さんにもSkyのブースをお楽しみいただきました。





■『Sky 星を紡ぐ子供たち』

公式サイト

公式Twitter



© 2019 thatgamecompany, Inc. All Rights Reserved.