ビーグリー、シンジケートローン契約を締結 コーポレートローンへのリファイナンスで財務制限条項の緩和と金融費用の圧縮を図るため

  • ビーグリー<3981>は、9月26日、シンジケートローン契約を締結し、51億円の借入れを実施することを発表した。

    シンジケートローン契約締結の目的は、コーポレートローンへのリファイナンスにより、財務制限条項の緩和と金融費用の圧縮を図るため。財務制限条項の緩和により、今後は資本業務提携やM&A、製作委員会への出資といった事業拡大のための投資活動を機動的に行うことが可能になる。

    なお、これによるビーグリーの2022年12月期の連結業績に与える影響は軽微としている。

    <シンジケートローン契約及び資金借入の概要>
    借入金額:51億円
    契約日:2022年9月27日
    借入実行日:2022年9月30日
    最終返済期日:2027年9月30日
    契約形態:タームローン
    返済方法:元金均等返済
    資金使途:既存借入金の返済
    金利:基準金利+スプレッド
    アレンジャー兼エージェント:株式会社三井住友銀行
    参加金融機関:株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社りそな銀行
    担保等の有無:無担保・無保証

株式会社ビーグリー
https://www.beaglee.com/

会社情報

会社名
株式会社ビーグリー
設立
2004年10月
代表者
代表取締役社長 吉田 仁平
決算期
12月
直近業績
売上高186億3700万円、営業利益13億4500万円、経常利益12億200万円、最終利益4億4400万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3981
企業データを見る