【ゲーム株概況(9/30)】運営移管などによる業容拡大期待を評価材料にアピリッツが大幅続伸 ミドルウェアの採用発表のシリコンスタジオは5日ぶり反発

  • 9月30日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比484.84円安の2万5937.21円で取引を終えた。長期金利の上昇によって前日の米国市場が急落した流れを受けて、国内市場も日経平均が2万6000円台を割り込むなど大きく売られる展開となった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、アピリッツ<4174>やバンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>、アエリア<3758>などが買われた。アピリッツは、10月1日付での『ユニゾンエアー』の運営移管などにより、下期も順調な業容拡大が期待されていることが引き続き評価材料となっているようだ。

    また、Novaquarkが開発・提供するオープンワールド宇宙MMO『Dual Universe』の開発に同社のポストエフェクトミドルウェア「YEBIS(エビス)」が採用されたことを発表したシリコンスタジオ<3907>は5日ぶりに反発した。

    半面、ワンダープラネット<4199>が4日ぶりに反落し、直近はNFT関連の材料で動意づいていたクルーズ<2138>は8日ぶりに反落した。

    任天堂<7974>やコナミグループ<9766>、カプコン<9697>など大手ゲーム株は総じて売られた。

株式会社アピリッツ
https://appirits.com/

会社情報

会社名
株式会社アピリッツ
設立
2000年7月
代表者
代表取締役社長 執行役員CEO 和田 順児
決算期
1月
直近業績
売上高47億9500万円、営業利益2億3300万円、経常利益2億2000万円、最終利益1億900万円(2022年1月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4174
企業データを見る
シリコンスタジオ株式会社
http://www.siliconstudio.co.jp

会社情報

会社名
シリコンスタジオ株式会社
設立
2000年1月
代表者
代表取締役社長 梶谷 眞一郎
決算期
11月
直近業績
売上高41億3400万円、営業利益7300万円、経常利益7700万円、最終利益1600万円(2020年11月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3907
企業データを見る