ガーラ、HTML5ゲーム『Flyff Universe (フリフユニバース)』の登録者数が150万人を突破 今後はP2E機能の実装を予定

ガーラ<4777>は、子会社Gala Labが開発し、2022年6月14日にグローバルサービスを開始し、日本でも8月17日にサービスを開始したHTML5ゲーム『Flyff Universe (フリフユニバース)』の登録者数が150万人を突破したことを発表した。

『Flyff Universe』はHTML5ゲームとして開発されており、ユーザーはアプリのダウンロードが不要でPCやモバイルのweb環境でゲームを簡単に楽しむことができる。累計ダウンロード数5000万人を突破した『Flyff Online(フリフオンライン)』のHTML5版であり、2022年6月14日にグローバルサービス開始後5日間で東南アジアエリアも含めユーザー数は50万人に到達、7月15日に登録者数100万人を突破した。その後、8月15日に日本サービスを開始し、10月3日の時点でユーザー数は150万人を突破した。

なお、現時点ではHTML5版としてリリースしているが、今後Play To Earn(P2E)機能を実装してNFTゲーム/ブロックチェーンゲームとしてサービスを提供することを予定している。

株式会社ガーラ
http://www.gala.jp/

会社情報

会社名
株式会社ガーラ
設立
1993年9月
代表者
代表取締役 グループCEO 菊川 曉
決算期
3月
直近業績
売上高3億5800万円、営業損益3億6200万円の赤字、経常損益2億9200万円の赤字、最終損益2億6600万円の赤字(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4777
企業データを見る