ボルテージ、Nintendo Switch向けオリジナルタイトル第1弾『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』の販売本数が1万本突破! 初のグッズ化も決定

ボルテージ<3639>は、Nintendo Switch向けオリジナルタイトル第1弾『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』の販売本数が1万本を突破したことを発表した。

「even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女」(以下、「テンペスト魔女」)は、“魔女裁判”“死に戻り”がテーマのダークファンタジーで、ボルテージ初のNintendo Switchオリジナル作品。2022年6月の発売以降、実力派クリエイター陣によって作り上げられた美麗な世界観や重厚なストーリー、そして豪華声優陣による熱演が多くのファンから好評を得て、販売開始から半年足らずで早くも1万本を突破した。これを記念して、ファンからの要望が多かったグッズ化が決定した。

●初のオリジナルグッズ販売決定

ルーシェン・クライオス・ティレル・ゼン・イシュの5人がグッズになって登場!テンペスト魔女の世界観をイメージしたデザインとなっている。販売は、有楽町マルイにて12月1日(木)より開催する「ボル恋15周年展示イベント」を予定。

【ボル恋15周年展示イベント】https://www.the-chara.com/blog/?p=53003

トレーディングポストカード 330円(税込)

タロット風ステッカー 各550円(税込)

75mmトレーディング缶バッジ 770円(税込)

等身アクリルスタンド 各1,760円(税込)

●ファンディスク制作決定!

苦難を乗り越えた主人公たちがたどり着いた幸せに満ちた本編最終章。ファンディスクではその後日談の収録を予定しており、「テンペスト魔女」の世界をより深く楽しめる内容となっている。発売時期など、詳細は続報を待とう。

【B’s-LOG 4か月連続!ショートストーリー掲載中】
ファンディスクの制作決定を記念して、女性向けゲーム雑誌「B’s-LOG」(KADOKAWA)では2022年12月号(10月20日発売)から特別連載がスタート。 4か月連続で攻略キャラクターをピックアップし、スペシャルショートストーリーをお届けしている。より深くキャラクターを知ることができる内容となっているので、こちらもお見逃しなく!

●「even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女」概要

【商品概要】
タイトル:even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女
対応機種:Nintendo Switch(ダウンロード専用ソフト)
価格:6,930円(税込)
対応言語:日本語、英語
ジャンル:アドベンチャーゲーム
ボイス:フルボイス(ヒロインなし)

<出演>
石川界人/古川慎/杉山紀彰/武内駿輔
三森すずこ/帆世雄一/藤澤雄生/飯田奈保美/沖なつ芽/千葉翔也/野上翔/綱川博之/木島隆一/畠中祐/柿原徹也
企画/制作:ボルテージ

「even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女」
プロモーションムービー:https://youtu.be/JE_w8P6QFxc

「even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女」公式サイト:https://products.voltage.co.jp/tempest/
「even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女」公式Twitter(@evenifTEMPEST):https://twitter.com/evenifTEMPEST

株式会社ボルテージ
http://www.voltage.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ボルテージ
設立
1999年9月
代表者
代表取締役社長 津谷 祐司
決算期
6月
直近業績
売上高53億9200万円、営業損益3億6200万円の赤字、経常損益2億9600万円の赤字、最終損益4億1200万円の赤字(2022年6月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3639
企業データを見る