ガーラのMMORPG「Rappelz」がインドネシアで商業サービス開始

ガーラ<4777>は、韓国子会社のGala LabがPT. KingSlaim Softと提携し、インドネシアにおけるオンラインゲーム「Rappelz」の商業化サービスを開始した。 「Rappelz」は、Gala Labが開発したヨーロピアンスタイルのファンタジーMMORPG(Massively Multiplayer Online Role Playing Game)。グラフィックのクオリティの高さや、多様なストーリー性などに加え、相棒である『クリーチャー』とおに戦っていく。 ガーラでは、すでに北米を中心とした英語圏、欧州の各主要言語圏、韓国、日本、台湾、ロシア、アラビア語圏、タイなどでサービス提供を行なっており、インドネシア語でのサービス提供開始は19ヵ国目(国/地域) となる。
株式会社ガーラ
http://www.gala.jp/

会社情報

会社名
株式会社ガーラ
設立
1993年9月
代表者
代表取締役 グループCEO 菊川 曉
決算期
3月
直近業績
売上高3億5800万円、営業損益3億6200万円の赤字、経常損益2億9200万円の赤字、最終損益2億6600万円の赤字(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4777
企業データを見る