スクウェア・エニックス、「Mobage」で『底根アンダーワールド』の提供開始

スクウェア・エニックスは、本日(2月15日)より、フィーチャフォン版「Mobage」で、ホラーテイストRPG『底根アンダーワールド』の提供を開始した。基本プレイ無料のアイテム課金制。 本作は、架空の都市「底根市」を舞台にしたホラーテイストのRPGとなっている。プレイヤーは、市内の大学に入学したばかりの学生となり、偶然見かけた「怪異」の謎を解き明かすため、市内にある遺跡に挑むことになる。 「ストーリー」で遺跡を探索し、モンスターとの戦闘を行なってレベルを上げたり、装備や召喚カードを駆使したりしてキャラクターを育てつつ、怪異を解き明かしていく。召喚カードには、様々なスキルがあり、使用することで戦闘が有利に進められる。 ソーシャルゲーム要素として、他のプレイヤーとパーティを組んでストーリーを進めていったり、プレイヤー間でバトルを行う「対戦」でランキングを競い、特殊アイテム取得を目指すこともできる。パーティは、友だちからも探せるが、友だち以外のプレイヤーも誘うことができる。   『底根アンダーワールド』   (C)2012 SQUARE ENIX CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ILLUSTRATIONS BY TOSHIYUKI ITAHANA
株式会社スクウェア・エニックス
https://www.jp.square-enix.com/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高2511億6800万円、営業利益556億6800万円、経常利益587億9600万円、最終利益413億9600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る