【シード・プランニング調査】スマホ版GREE・Mobageの課金率は高年齢ほど高い傾向…キャリア別ではドコモが高い

シード・プランニングは、Mobage・GREEのスマートフォンゲームユーザー行動調査を実施し、1月11日に続いて第2報を発表した。これは、2011年12月に実施した調査で、1カ月以内にスマートフォンでMobageやGREEのゲーム利用経験のあるユーザー各400サンプルが対象。10代~40代以上の各層に各100人が抽出されている。ただし、10代スマートフォンユーザーの出現率が低いため、20代に不足分を追加としたとのこと。 この調査によれば、課金率などについて男女やキャリア、年齢などによって差が見られた、としている。Mobageユーザーで、お金を「支払う」割合は、全体の20.8%、GREE ユーザーは全体の17.3%で、Mobageのほうが課金率が高い傾向がみられた。Mobageユーザーで「支払う」と回答する男女間の差が顕著であるが、GREEユーザーでは、男女間の差がほとんど見られなかった。   ■年齢別課金率 また、Mobageユーザー、GREEユーザーとも、高年齢層ほど課金率が高まる傾向が見られた。Mobageでは、最も課金率の高い40代と、最も低い10代の間で16.2ポイントの差が、GREEでは、最も課金率の高い30代と、最も低い10代の間で7.5ポイントの差がある。年齢が高くなるほど課金率が上がるという結果は、ディー・エヌ・エーやグリーが決算説明会資料で何度となく言及していることである。     ■キャリア別課金率 キャリア別課金では、Mobage・GREEともにNTTドコモの課金率が高かった。Mobageでは、最も課金率の高いNTTドコモと、最も低いau/KDDの間で3.6ポイントの差が、GREEではNTTドコモとau/KDDIの差が3.3ポイントとなっている。     ■他サイトでの課金率 このほか、Mobage、GREE のユーザーが、スマートフォンで提供される他のゲームを利用する割合は、Mobageのユーザーが36.5%、GREEの利用者が34%である。その課金率は、Mobageユーザーは26%、GREEユーザーは31.4%だった。     ■相互登録について 相互登録率については、直近1ヶ月以内にMobageゲームのみを利用したユーザー(GREEは利用していない)のうち、GREEに登録しているユーザー(過去1ヶ月以内に遊んではいないがIDは持っているユーザー)は40.1%だった。同条件のGREEユーザーのMobage登録率は30.5%だった。 MobageユーザーのGREEに登録している割合は、女性のほうが男性よりも大きい。年代別にはGREEに登録している割合は、40代が他の年代よりも少なかった。一方、GREEユーザーのMobage に登録している割合は、男性のほうが女性よりも大きい。年代別では、Mobageに登録するGREEユーザーは20代が最も少ないが、他の年代と比べてそれほど差異はなかった。     なお、この調査結果の詳細は、調査研究レポート「Mobage・GREEのスマートフォンゲームユーザー行動分析調査」として、5万2500円(税込)で販売されている60部の数量限定で、2012年4月までの販売される。   ■シード・プランニング   Copyright © Seed Planning, Inc. 2001-2012 All rights reserved.
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1308億6800万円、営業利益114億6200万円、税引前利益294億1900万円、最終利益305億3200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2432
企業データを見る
グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3632
企業データを見る