12月7日付けの新聞記事 グリーやDeNA、テレビCM放送回数でトヨタを抜く

 

■グリーやDeNA、テレビCM放送回数でトヨタを抜く

 12月7日の日本経済新聞朝刊は、テレビCMに「新顔」が増えており、1年前にはほとんど露出がなかったグリー<3632>やディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>が、花王<4452>やサントリーに匹敵するほどの有力な広告主となったと報じています。報道によれば、ビデオリサーチの10月の関東地区でのテレビCM放送回数で、グリーが2位、DeNAが4位に入り、首位の花王には及ばないものの、トヨタ自動車<7203>(5位)を上回ったそうです。また、競争激化に伴い集客力を高めたい外食産業でも、ワタミ<7522>や「すき家」のゼンショー<7550>などが積極的にCMを投入しているとのこと。こうしたテレビCMの「新顔」の登場は、民放テレビ局にとっての業績改善の一因となっている、としています。

■ドコモ、携帯電話向け「ドコモマーケット」を開始 アップルの手法採り入れ

 12月7日付けの日経産業新聞は、NTTドコモ<9437>が6日、従来の携帯電話にコンテンツを販売する「ドコモマーケット」を開始した、と報じています。「iモード」は、ドコモが料金回収代行などに特化するものだったのに対し、新サービスは、米アップルの手法を採り入れ、幅広いコンテンツ業者や個人からアプリを募り、自らコンテンツを配信し収入を得るものになっている、とのこと。ゲームやアプリ、音楽、電子書籍など1200作品が集まったそうで、コンテンツ業者にとっても大きなチャンスと受け止められているようです。ドコモの徴収する手数料は、アプリで2割、電子書籍で3割です。ユーザーの支払う利用料金は、従来の「iモード」と同じく通信料と一緒に徴収されます。

■グリー、iPhoneに無料ミニゲームの配信開始

 12月7日付けに日経産業新聞は、グリー<3632>が6日、SNS「GREE」に連動したゲームを米アップルの高機能携帯電話「iPhone」向けに配信したと報じています。報道によれば、有名タイトルから懐かしのゲームまで約50本のゲームを順次配信するとのこと。通常の携帯電話に加え、アイフォーンにも対応することで、SNSの活性化につなげるのが狙いだそうです。

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1369億7100万円、営業利益224億9500万円、税引前利益312億5900万円、最終利益256億3000万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
2432
企業データを見る