ガーラ、「Rappelz」のインドネシアでの運営についてライセンス契約を締結

ガーラ<4777>は、3月3日、連結子会社Gala Lab Corp.の開発したオンラインゲーム「Rappelz」(ラペルズ)のインドネシアにおけるサービス提供に関して、PT. Ranob Media Interactiveと3月2日ライセンス契約を締結した、と発表した。 契約相手方であるPT. Ranob Media Interactiveは、インドネシアのジャカルタにあるオンラインゲーム運営会社。現在、インドネシアではIT産業の育成によって、オンラインゲーム市場が新たな成長産業として注目を集めており、同社のその中の1社として活躍しているという。 なお、「Rappelz」は、ヨーロピアンスタイルのMMORPG(Massively Multiplayer Online Role Playing Game)で、すでに北米を中心とした英語圏、欧州の各主要言語圏、韓国、日本、台湾、ロシア、アラビア語圏、タイなど、16の言語圏(地域)でサービスを提供している。 ガーラでは、今後も自社開発ゲームを中心にライセンス展開を行い、グローバルにオンラインゲーム事業を展開していく予定としている。
株式会社ガーラ
http://www.gala.jp/

会社情報

会社名
株式会社ガーラ
設立
1993年9月
代表者
代表取締役 グループCEO 菊川 曉
決算期
3月
直近業績
売上高3億5800万円、営業損益3億6200万円の赤字、経常損益2億9200万円の赤字、最終損益2億6600万円の赤字(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4777
企業データを見る