グリーが定款を変更…事業目的に「飲食店」「職業紹介」「ホスティング」など約20項目追加

グリー<3632>は、本日(9月25日)、本日開催の定時株主総会で定款の一部変更案が決議されたとし、その内容を開示した。 ここで最も注目されるのは、事業の多角化と新規事業への進出のため、事業の目的が大幅に追加されたことだ。すでに参入を開始したキャラクター商品のほか、ドメイン取得代行やホスティングサービス、決済代行サービスのほか、コールセンター、テレビ放送、飲食店、芸能プロダクション、遊技機施設の運営、投資事業、金融・保険業、職業紹介など約20項目にわたる事業が追加されている。 ただし、全てをすぐに開始するということではなく、事業多角化と新規事業を行う際に想定される事業を追加しておいたものとみられる。追加された事業の目的は以下のとおり。 ・インターネットのドメイン取得代行業 ・インターネットの代金決済システムの導入代行業 ・ホスティングサービスの企画、提供、運営 ・コールセンター及びデータセンターの企画、提供、運営 ・電子商取引及び電子決済システムの企画、開発、設計、販売、賃貸、運用並びにこれらの代理業 ・電気通信事業法に基づく電気通信事業 ・キャラクター商品、ゲーム機器、玩具及び遊戯用具等の物品・ソフトウェアの企画、開発、製造、制作、販売、賃貸、保守、管理、運営並びにこれらの仲介 ・前号に掲げる物品・ソフトウェアの輸出入及び輸出入代行業 ・無体財産権(著作権、著作隣接権、 特許権、実用新案権、意匠権、 商標権等)の取得、使用許諾、 売買、 譲渡、管理並びにこれらの仲介、代理業 ・古物売買業 ・テレビ、ケーブルテレビ、ラジオ、 有線放送、衛星放送番組の企画、制作並びに情報通信システム、情報ネットワークの設計、運用 ・放送法による各種放送事業及び放送関連技術の開発、製作、及び販売 ・芸能タレント、音楽家、スポーツ選手、インストラクター、音声・映像技術者等の養成及びマネージメント並びにイベントの企画、運営 ・遊技場施設、スポーツ教育施設、飲食店、宿泊施設、売店等の運営、管理 ・市場調査業務の企画・実施及びそのコンサルティング(各種コンサルティング業から変更) ・各種出版物の企画、制作、翻訳、発行及び販売 ・投資業及び投資顧問業 ・各種金融商品の運用、投資、売買保有 ・各種金融商品の企画、開発、販売 ・クレジットカード業 ・金融商品取引業及び金融代理業 ・損害保険代理業並びに生命保険の募集に関する業務及びその仲介業 ・有料職業紹介事業 ・旅行業法に基づく旅行業及びその代理業 ・療術業 このほか、取締役の員数を9名以内から10名以内への増員や、監査役の員数を4名以内から5名以内への増員、取締役と監査役の責任を会社法で定める範囲で免除することができる旨の規定の新設などが行われた。
グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高626億円、営業利益31億円、経常利益42億円、最終利益27億円(2020年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3632
企業データを見る