ニジボックス、『バカとテストと召喚獣』をFP版mixiでリリース

ニジボックスは、『バカとテストと召喚獣』をフィーチャーフォン版「mixi」でリリースした。これまで開始予告が出ていた。基本プレイ無料のアイテム課金制。すでに「GREE」や「Mobage」でもリリースされているが、あらためてゲームの概要を紹介しておこう。 本作は、人気ライトノベル・アニメ「バカとテストと召喚獣」を題材にしたソーシャルゲームで、原作でお馴染みのキャラクターがカードとなって登場する。プレイヤーは、試召戦争(クエスト)やガチャで集めたカードの収集・合成を行なって自分の組を強化したり、他のプレイヤーとバトルをしたりして成績を伸ばして最強を目指していく。 このほか、他のプレイヤーとチームを組むことも可能。チーム全員で試召戦争で手に入る総得点を他のチームと競い合うことができ、勝利すると貢献度に応じて、強力なカードを含めた様々な特典がもらえるという。   『バカとテストと召喚獣』   (c) 2011 Kenji Inoue/PUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC./バカとテストと召喚獣2製作委員会(c)NIJIBOX
株式会社ミクシィ
http://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ミクシィ
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1193億1900万円、営業利益229億2800万円、経常利益230億1900万円、最終利益156億9200万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
2121
企業データを見る