D2C、幕末ソーシャルRPG『疾風幕末演義』のAndroid版をリリース…35万人が遊ぶ人気ゲーム

D2Cは、スマートフォン用ソーシャルゲーム『疾風幕末演義』のAndroid版をGoogle Playでリリースした。アプリのダウンロードと基本プレイは無料で、一部アイテム課金制となっている。 本作は、幕末を舞台に魅力的な志士たちが戦うカードバトルゲームで、『関ヶ原演義』に続く演義シリーズ第2弾。iOS版が先行配信されており、会員数35万人を超える人気タイトルとなっている。プレイヤーは、「倒幕派」と「幕府派」の二勢力にいずれかに所属し、幕末志士の一人として旅をしながら他の志士を集め、自分の志士隊(ギルド)を勝利に導くため、対立勢力と決戦(ギルドバトル)を行っていく。 クエストは、ストーリー形式で、「開国」と「攘夷」、「倒幕」と「佐幕」に分かれて争った幕末の世界を体験することができる。ゲーム内では、坂本竜馬、木戸孝允、西郷隆盛といった倒幕志士と、沖田総司をはじめとする新撰組、徳川慶喜や勝海舟といった幕府志士が美麗カードとなって登場する。カードの種類は、100枚以上用意されているという。 志士カードは、異なる志士カード同士を合成して「強化」することで、志士カードの能力を上げることができる。さらに、同じカード同士を合成することで、3段階進化させ、進化する毎に能力アップだけでなく、より魅力的なデザインに変化する。     ■『疾風幕末演義』 Android版 iOS版   © D2C
株式会社D2C
http://www.d2c.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社D2C
設立
2000年6月
代表者
宝珠山 卓志
決算期
3月
直近業績
非開示
上場区分
非上場
企業データを見る