アピリッツ、トライフォートより『関ヶ原演義』『繚乱三国演義』『疾風幕末演義』の運営移管



アピリッツは、トライフォートが提供しているスマートフォン向けゲーム『関ヶ原演義』、『繚乱三国演義』、『疾風幕末演義』の3タイトルの運営を引き継ぐことを明らかにした。今後、運営主体をアピリッツへ変更し、提供・運営をするとのこと。

アピリッツはこれまでオンラインゲームを運営してきたノウハウを活かしたセカンダリー事業展開の第一弾として、トライフォートが提供している演義シリーズ3タイトルのサービス運営を譲り受けることにした、としている。すでに各タイトルを楽しんでいるユーザーは引き続きこれまでのアカウントで遊べるとのこと。


【サービス移管のスケジュール】
2月26日(火)
・AppStore/Google Playアカウント移管
※アプリの移管を行います。
※すでにゲームをご利用のお客様はアプリ移管後も引き続きゲームを楽しめる。

2019年3月8日(金) ~ 2019年3月9日(土)予定
・ゲームメンテナンス、ユーザーデータの移行、及びアプリのアップデート
※ゲームデータの移行及びアプリのアップデートのためメンテナンスを行う。
※メンテナンス中はゲームをプレイすることができない。
※メンテナンス後はアプリのアップデートが必要になる。
※詳しい実施時間等はゲーム内お知らせで追って告知する。
※メンテナンスの補填に関しましては、ゲーム内お知らせで追って告知する。
株式会社アピリッツ
https://appirits.com/

会社情報

会社名
株式会社アピリッツ
設立
2000年7月
代表者
代表取締役社長 執行役員CEO 和田 順児
決算期
1月
直近業績
売上高38億8900万円、営業利益2億2900万円、経常利益2億2900万円、最終利益1億2500万円(2021年1月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4174
企業データを見る