止められない!ヒーローズ!、NHN Entertainment、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム海外展開記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【韓国市場の“今”】日本市場攻略を目指すNHN Ent.の新...

【韓国市場の“今”】日本市場攻略を目指すNHN Ent.の新作アプリ7本を一挙紹介! ドット絵RPGや美女×レースゲームなど多彩なラインナップに

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

群雄割拠の時代に突入した韓国モバイルゲームアプリ市場の現状と、2015年の見通しに迫る特集記事「韓国ゲームアプリ市場の“今”」(全4回)。現在同国は、スマートフォンの普及率が80%を突破するほどのモバイル強国であり、その優れた利用環境に基づき、ユーザーがモバイルゲームをプレイする時間も増加の一途を辿るなど、韓国ゲームアプリ市場は大幅な成長を続けている。

そして、数多ある韓国ゲーム企業のなかでも、ひときわ異彩を放っているのがNHN Entertainmentだ。『LINE POP』や3DアクションRPG『The Soul』などの多彩なアプリポートフォリオの体制に加え、日本の人気タイトルや大ヒットパズルゲーム『ポコパン』のパブリッシングも担うほか、エイチーム<3662>との合弁会社の設立など話題に事欠かない企業である。

今回、韓国のテクノバレーとして知られれる板橋(パンギョ)のNHN Entertainment本社に赴き、2015年に日本リリースを予定している新作アプリ7本について取材した。すでにリリースされているタイトルから、日本市場でもヒットしそうなものまで、多彩なゲームラインナップになっている。本稿では、1タイトルずつゲーム概要を解説していきたい。

 

■The Soul



■「日本ユーザーから良いフィードバックをいただいている」
スマートフォン向け3DアクションRPG『The Soul』は、すでに日本でも配信開始しているタイトル(2014年12月19日リリース)。同タイトルは、2015年初頭より北米・欧州など全世界150ヵ国に順次リリースする予定としており、アジアの重要市場として日本では先行公開を行った。

『The Soul』は、三国時代に戦争で死んでしまった英雄たちが魂のない半死状態から目覚め、世の中を混乱させるストーリーのなかで、プレイヤーは三国英雄の霊魂との戦闘を通して強烈で豪快なアクションを体験できる3DアクションRPG。最大の特長は「魂カード」システムで、戦闘を通して収集する三国英雄の霊魂には固有のスキルが設定されており、プレイヤーは収集した霊魂を組み合わせ、自分だけの戦略的なプレイを楽しめる。

霊魂には独自のアクティブスキル、パッシブスキルが存在し、収集した霊魂を組み合わせて無限の戦略プレイが可能。相手のプレイヤーがどのような魂スキルを装着したのかにより勝負がつくため、「魂カード」システムが与える新鮮さを体験できる。
 


韓国では、2014年12月11日にAndroid版が先にリリースされ、その直後、韓国のGoogle Play全体無料人気ランキングで1位となった。また、売上ランキングでは、Google Playで最高14位を記録。ちなみに日本の売上ランキングでは、2015年2月1日時点でApp Storeが最高330位、Google Playが最高161位とまずまずの成績。とはいえ、開発陣いわく「日本でリリースされてからは、ユーザーから大変良いフィードバックをいただいています」と、概ね高評価であることをコメント。大規模アップデートも予定しているため、そこからの巻き返しに注目したい。

『The Soul』は別途開発者インタビューを行ったので、後日掲載していく。

■『The Soul』 Google Play売上ランキングで最高14位を記録

出所:App Annie
 

開発会社:MSeed
 

 

■Crusaders Quest



■韓国・北米でスマッシュヒット中! 心くすぐられるドット絵が特徴
『Crusaders Quest』は、美麗なドット絵のなかで、華麗なエフェクトと爽快感が味わえるスマートフォン向けアクションRPG。プレイヤーは、画面下に並んでいるブロックをタップすることでスキルを発動させ、迫り来る敵たちを倒していく。ブロックは集めてタップするとスキルを強化できる。キャラクター毎にブロックの数による効率性が異なるため、常に最適の組み合わせを探すことになる。

また、ゲーム上で救った女神は仲間としてサポートしてくれる。回復タイプや攻撃タイプなど、5人の女神が持つスキルを適切に活用していくのも攻略の鍵となる。この5人の女神には、きちんと“ツンデレ”や“おとなしめ”など、それぞれにキャラクター属性が決められている。これに加えて、女神との会話劇なども収録されているのも嬉しいポイント。




また、リーグ制で行われるPVPも搭載。自分の勝率で相手がマッチングされて、パーティーの組み合わせによる相性がPVPの結果も左右していく。 一枚のチケットで10連勝または敗北するまで決闘場を利用できる。このほか、レアな材料を大量にゲットできる古代ダンジョンや、フレンドと共にリアルタイムで巨大なボスを倒すワールドボスレイド戦など、多種多様なコンテンツを備えている。




韓国では、2014年11月11日にAndroid版が先にサービス開始となり、開発陣いわく配信1日目の残存率が70%に達する高い数値を見せており、現在も平均残存率が50%を上回るほどコアユーザー層が厚いタイトルとなっている。

また、売上ランキングに関しては、Google Playで最高19位を記録。さらに北米でもリリースしている本作は、同国のGoogle Playで最高77位とするも、綺麗な右肩上がりで快調に順位を上げている。NHN EntertainmentのCEOジョン・ウジン氏からも「ユーザー数が韓国よりも北米が多い状況となっています」とのコメントもあるように、北米でも受け入れられている様子(関連記事)。

『Crusaders Quest』は別途開発者インタビューを行ったので、後日掲載していく。

■【北米】『Crusaders Quest』 Google Play売上ランキングで最高77位を記録

出所:App Annie

■【韓国】『Crusaders Quest』 Google Play売上ランキングで最高19位を記録

出所:App Annie



開発会社:Load Complete
日本配信:2015年第一四半期を予定

 
 

■Idol Dream:Girls



■K-POPを代表するガールズグループが実写で登場
『Idol Dream:Girls』は、プレイヤーがプロデューサーとなり、最高のガールズグループを育てるアイドルマネジメントシミュレーションゲーム。本作には、「少女時代」や「miss A」「Sistar」などK-POPを代表する30ものガールズグループのメンバーが実写で登場する。今後のアップデートでも逐次追加していくとのこと。

おもなゲームの流れでは、プレイヤーがプロデューサーとなりメンバーと契約を結び、新しいユニットを構成する。その後は、コンサートやサイン会、サバイバルオーディションなどを、各々異なるゲームをこなして進めていく。希少価値の高いプレミアムカードは、動画としてメンバーが動くのが魅力。もちろん、ゲーム内の結果がグループの実活動にも反映する施策も展開予定。




また、韓国の売上ランキングに関しては、Google Playで最高62位を記録しており、現在も健闘中。各アイドルたちの実活動によるリアルプロモーションなどで、もうひと山作っておきたいところか。

■『Idol Dream:Girls』 Google Play売上ランキングで最高62位を記録

出所:App Annie



開発会社:NHN Entertainment(Bric Studio)
日本配信:2015年第一四半期を予定

 
 

■Drift Girls



■格好いい車で女の子とデート…異色のレースゲーム
『Drift Girls』は、一回のタップ操作でドリフト体験ができるレースゲーム。……かと思いきや、これに恋愛シミュレーションゲームも組み合わせるなど、異色のスマートフォン向けゲームとなっている。プレイヤーは、10のエリアと60のステージで展開されるレースを体験。モードには、通常のレースを楽しむ「ストーリーレース」、美女とのデートが楽しめる「デートモード」、さらにライバルとレースを競う「追撃モード」など多種多様なモードが存在する。

登場するヒロインは、看護婦や車のエンジニア、レースクイーン、野球ファンなど様々な職業と魅力を持つ20人余りが現在公開されている。直近では、日本から来た天使と悪魔の顔を持つ女子高生の「ヒカル」、シャーマンの「ソンヨン」など、個性豊かなヒロインが新たに追加された。それぞれのヒロインで異なるストーリーを楽しめるほか、彼女たちとの親密度が上がるほど車のパフォーマンスも良くなっていく。ちなみに開発陣いわく、日本でリリースする際は豪華声優陣を起用するとのこと。

このほか、車のカスタマイズやアップグレードシステム、コレクションなどの要素も搭載。なかでもカスタマイズでは、車にステッカーを貼ることができ、いわゆる自分だけの“痛車”を作ることもできる。






韓国では2014年11月にリリースされて、Google Playの全体無料人気ランキングで3位、さらに売上ランキングでは最高33位を記録。

■『Drift Girls』 Google Play売上ランキングで最高33位を記録

出所:App Annie
 

開発会社:NHN BlackPick
日本配信:2015年第一四半期を予定

 
 

■Wooparoo Saga



■100対100のバトルを実現させたタワーディフェンスゲーム
『Wooparoo Saga』は、2014年6月に「Kakao GAME」としてリリースされたタワーディフェンスゲーム。プレイヤーは、手に入れたキャラクター(Wooparoo)を強化・進化させてバトルを繰り広げていくのだが、本作には「AUTO」システムも搭載しており、手軽に楽しめる施策を随所に取り入れている。このほか「殲滅」「破壊」「無限対戦」「勝負バトル」など、様々なステージモードを用意しており、なかにはキャラクターが100対100以上にもなるバトルが存在するという。





なお、2014年11月には「シーズン2」をリリースし、新しいWooparooとボスレイドを追加するなど大規模なアップデートを実施した。韓国では2014年6月にリリースされて、Google Playの売上ランキングでは最高6位を記録。下部の直近90日間の推移を見ても、TOP30を維持する根強い人気を見せている。

ちなみに、日本では「LINE GAME」で配信予定。

■『Wooparoo Saga』 Google Play売上ランキングで最高6位を記録

出所:App Annie
 

開発会社:NHN Studio 629
日本配信:2015年第一四半期を予定
 
 

■止められない!ヒーローズ!



『止められない!ヒーローズ』は、可愛いグラフィックとは裏腹に、様々なチーム戦略とコントロール勝負で熱気溢れるバトルが楽しめる2D横スクロールアクションゲーム。約100余りのステージで、ワールド別にボスを倒していく軽快なゲーム進行に加え、連鎖するコンボで新しいアクションが楽しめるという。また、自分のレベルと近いユーザーとリアルタイムPvPを行えるほか、フレンドバトルやランクバトルなども搭載。さらにキャラクターを組み合わせた育成や装備強化など、やり込み要素も備えている。韓国でもまだリリースされていないため、ゲーム画像は差し控える。

開発会社:NHN BlackPick
日本配信:2015年第一四半期を予定

 

■Kill Me Again



最後に発表された『Kill Me Again』は、ゾンビが蔓延る世界を舞台にしたリアルタイムパズルアクションRPG。残念ながら、本作もまだ韓国でリリースされていないため、ゲーム概要及び画像は差し控える。現地韓国で詳細が公開され次第、「Social Game Info」でもお伝えしていく。

開発会社:NHN PixelCube
日本配信:2015年上半期を予定
 
(取材・文:編集部 原孝則)


■NHN Entertainment
 

企業サイト(海外)



■「韓国ゲームアプリ市場の“今”」
 


 


(c) NHN Entertainment Corp. & Developed by mSeed Inc. All Rights Reserved.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Idol Dream:GirlsWooparoo SagaCrusaders Quest

企業情報(NHN Entertainment)

会社名 NHN Entertainment
URL https://www.nhnent.com/ko/inde
設立
代表者 NHN Ent。Play Museum、16、Daewangpangyo-ro 645beon-gil、Bundang-gu、Seongnam-si、Gyeonggi-do
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事