ガンホー・オンライン・エンターテイメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム海外記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ガンホー森下社長「ガマニアとの合弁は国際展開の大きなステップ...

ガンホー森下社長「ガマニアとの合弁は国際展開の大きなステップ」 第1弾は『サモンズボード』、『ディバインゲート』も準備中

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は、10月22日、台湾大手ゲームパブリッシング企業であるGamania Digital Entertainmentのグループ会社Gamania International Holdingsとの合弁会社「GungHo Gamania(仮)、現地社名:江湖桔子」を設立すると発表したが、Gamania CEOの劉柏園(Albert Liu)氏とガンホー社長の森下一喜氏が台湾で記者会見を行った。

今回、設立する合弁会社は、台湾をはじめ、香港・マカオにおいて、ガンホーをはじめとする人気ゲームアプリの配信を行っていく。その記念すべき第1弾となるタイトルは、日本で戦略性の高さで人気を集めている新世代ボードゲーム『サモンズボード』となる。続いて『ディバインゲート』も提供する予定だ。会社設立と事業開始は11月となる予定で、出資比率はガンホーが51%、Gamania社が49%となる。所在地と代表者はまだ決まっていないとのこと。資本金は500万USドル(日本円で約599万円)。
 

森下氏は、合弁会社設立について、「Gamaniaは台湾における有数のパブリッシャーとして実力・経験を併せ持っている。合弁会社は、両社の強みを継承し、最強スマホゲーム運営会社にしたい」と抱負を語った。続けて「台湾はGoogle Playの世界TOP5のマーケットで、72%のゲームユーザーがスマホゲームをプレイするなど潜在力が高く、非常に期待している。台湾ユーザーの日本ゲームに対する親和性もあり、今回の協業がガンホーの国際展開の大きなステップになる」と期待を示した。
 

また、Albert氏は、「スマホゲームの戦国時代ともいえる現状を突破するには、新しいゲームのルールを定義する必要がある。両社は、市場を変え、新しいルールを作れると期待している。両社の強みを活かして、台湾市場を攻めていきたい」とコメントした。さらに「ガンホーは私たちと同じく、ゲームに対する情熱を持っている会社で、両社の開発力と運営力を合わせることで、中華圏で最強ゲームブランドを作り、台湾ゲーム産業に変化を起こしたい」と決意を示した。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ガンホー・オンライン・エンターテイメントGamania Digital Entertainment(台湾)

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高923億円、営業利益343億円、経常利益343億円、最終利益223億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事