グリーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームTech記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > グリー、ポリゴン・ピクチュアズとハイエンド3D CG技術基盤...

グリー、ポリゴン・ピクチュアズとハイエンド3D CG技術基盤の共同開発を目的に資本業務提携 ゲーム・VTuber等マルチチャネル向けコンテンツ共有システム「SC2」を開発

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
 


グリー<3632>は、8月2日、国内最大手のデジタルアニメーションスタジオであるポリゴン・ピクチュアズが実施する第三者割当増資を引き受け、資本業務提携したことを発表した。グリーのポリゴン・ピクチュアズ株式の保有割合は、4.76%になる。

今後、傘下のゲーム事業ブランドであるWright Flyer Studios(以下「WFS」)が開発する3Dゲームや、ライブエンターテインメント事業を担うWright Flyer Live Entertainment(以下「WFLE」)が手がけるVTuberをより高品質に、より効率的にマルチチャネル展開するためのコンテンツ共有システム「SC2:Sharing System for Cross-media Content」を共同開発していく。




アニメやゲームの海外市場やVTuber市場の成長スピード加速に伴い、3Dアニメコンテンツ制作の需要が日本国内だけでなくグローバル規模で拡大していく。アニメのIPがゲームやVTuberなどさまざまなチャネルをまたがって活躍するようになるなど、3Dアニメコンテンツをより高品質に、より効率的にマルチチャネル展開することが求められているが、従来は対象となるメディアやデバイスごとに変換や最適化が必要となり、マルチチャネル展開時のコストやスピードに課題があった。

今回の資本業務提携により、グリーとポリゴン・ピクチュアズは両社が保有する技術的知見を持ち寄り、「アニメ」「ゲーム」「AR/VR」「VTuber」「ライブ」など、各メディアに高品質な3DCGアセットを迅速に展開できるコンテンツ共有システム「SC2」を共同開発。

Epic Gamesが開発した「Unreal Engine 4」(以下、「UE4」)を共通エンジンとし、3Dアニメ向けに制作された高品質CGアセットをコンシューマゲーム、モバイルゲーム、VRコンテンツ、VTuberなどに同時展開するための技術基盤を開発することで、IPのマルチチャネル展開時の品質・コスト・スピードに関する課題を解決する。

本取り組みにおいてグリーおよびWFS、WFLEは、ゲームやVTuber、マルチチャネル展開に関するノウハウの提供や開発協力を行い、ポリゴン・ピクチュアズは世界トップクラスのセルルック3D制作技術のノウハウや技術を提供する。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( グリー

企業情報(グリー株式会社)

会社名 グリー株式会社
URL http://www.gree.co.jp/
設立 2004年12月
代表者 田中良和
決算期 6月
直近業績 売上高779億円、営業利益94億円、経常利益103億円、最終利益47億円(2018年6月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3632

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事