バンダイナムコホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > バンナムHDのIP別売上高、ドラゴンボールが30%増の256...

バンナムHDのIP別売上高、ドラゴンボールが30%増の256億円と引き続き好調 ガンダムやライダー、プリキュアも伸長 スーパー戦隊とアイカツは不振

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
​バンダイナムコホールディングス<7832>は、本日(8月7日)、第1四半期(4~6月期)の連結決算を発表し、IP別の売上高を公開した。グループ全体では、『ドラゴンボール』が引き続き好調だった。前年同期比29.9%増の256億円となった。トイホビーでも前年同期24億円から45億円に伸びたが、『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』に加え、『ドラゴンボール レジェンズ』などが寄与したものとみられる。

また、「機動戦士ガンダム」も伸びた。グループ全体で19.7%増の182億円、国内トイホビーでは80.9%増の76億円と大きく伸びた。バンダイナムコホールディングスの決算短信によると、プラモデルやコレクターズフィギュアなどのハイターゲット層向けの商品や、アジアでの展開などが好調だったという。このほか、『仮面ライダー』や『プリキュア』、『NARUTO』なども前年同期比でプラスとなった。

他方、スーパー戦隊はグループ全体では46.9%減の26億円、国内トイホビーでは51.7%減の14億円と大きく減らした。シリーズ史上初のダブル戦隊「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」を2月より放送している。『アイカツ!』については前年同期比で微減となった。グループ全体では11.1%減の8億円、国内トイホビーでは16.6%減の5億円にとどまった。

 


【関連記事】
バンナムHD、第1四半期の営業益は14.6%増の178億円 ゲーム減益も玩具と映像音楽が好調 ラブライブ!やアイドルマスター、アイナナなど貢献 
バンナム、スマホゲーム中心のネットワークコンテンツの売上高は3.7%増の474億円と拡大 上期見通しを930億円から970億円に上方修正
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンダイナムコホールディングス

企業情報(株式会社バンダイナムコホールディングス)

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
URL http://www.bandainamco.co.jp/
設立 2005年9月
代表者 代表取締役社長 石川 祝男/代表取締役副社長 上野 和典
決算期 3月
直近業績 売上高6200億円、営業利益632億円、経常利益632億円、当期純利益441億円(2017年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7832

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事