18年4-6月決算、バンダイナムコホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > バンナムHD、スマホゲーム中心のネットワークコンテンツの売上...

バンナムHD、スマホゲーム中心のネットワークコンテンツの売上高は3.7%増の474億円と拡大 上期見通しを930億円から970億円に上方修正

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
バンダイナムコホールディングス<7832>は、本日(8月7日)、第1四半期(4~6月期)の連結決算を発表し、スマートフォンゲームを中心とするネットワークコンテンツの売上高が前年同期比で3.7%増の474億円だったことを明らかにした。家庭用ゲームについては、同22.9%減の165億円にとどまった。

同社のネットワークエンターテインメント事業全体では、売上高699億円(同5.4%減)、セグメント利益102億円(同20.0%減)と減収減益だったが、家庭用ゲームソフトの減収が主な要因だったようだ。同社によると、ワールドワイド展開した新作大型タイトルの販売があった前年同期には及ばなかったとのこと。

ネットワークコンテンツでは、「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」や「ワンピース トレジャークルーズ」、国内の「アイドルマスター」シリーズなどの主力タイトルがユーザーに向けた継続的な施策により安定的に推移したほか、新作タイトル「ドラゴンボール レジェンズ」が好調なスタートとなったという。

第1四半期の状況を受けて、上半期の見通しを修正した。ネットワークコンテンツは930億円から970億円に引き上げる一方、家庭用ゲームを400億円から360億円に引き下げた。2019年3月通期の見通しは、ネットワークコンテンツが前期比4.8%減の1900億円、家庭用ゲームが同8.5%減の900億円で変更はない。

 


【関連記事】
バンナムHD、第1四半期の営業益は14.6%増の178億円 ゲーム減益も玩具と映像音楽が好調 ラブライブ!やアイドルマスター、アイナナなど貢献 
バンナムHDのIP別売上高、ドラゴンボールが30%増の256億円と引き続き好調 ガンダムやライダー、プリキュアも伸長 スーパー戦隊とアイカツは不振
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンダイナムコホールディングス18年4-6月決算

企業情報(株式会社バンダイナムコホールディングス)

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
URL http://www.bandainamco.co.jp/
設立 2005年9月
代表者 代表取締役社長 石川 祝男/代表取締役副社長 上野 和典
決算期 3月
直近業績 売上高6200億円、営業利益632億円、経常利益632億円、当期純利益441億円(2017年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7832

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事