六本木サディスティックナイト、ボルテージに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ボルテージ、「男モノ」が初の通期黒字化 『六本木サディスティ...

ボルテージ、「男モノ」が初の通期黒字化 『六本木サディスティック騎士』好調 英語女性向けを展開するSFスタジオも初の通期黒字化

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ボルテージ<3639>は、本日(8月14日)に開示した決算説明資料で、男性向けのサスペンスアプリの売上が引き続き伸びていることを明らかにした。2018年4~6月においては売上高が前年同期比で4.7倍となる2億0100万円に大きく伸びた。四半期別の売上推移でも2017年4~6月から右肩上がりで伸びていることがわかる。『六本木サディスティック騎士(ナイト) 』が収益に貢献し、初の通期での営業黒字化を達成したとのこと。

また英語の女性向けの好調だ。2018年4~6月の売上高は前年同期比32%増の4億9800万円と大きく伸びた。2018年6月期においては4四半期連続で売上高4億円を突破し、開発・運営を担当するサンフランシスコスタジオ設立7期目にして初の通期黒字化を達成した、としている。

 


ただ、会社全体を見ると、2018年9月期の決算は、売上高が前の期比で16.2%減の73億9100万円、営業損益が10億4200万円の赤字(前の期は1億4100万円の黒字)と厳しい内容となった。主力の国内女性向けの恋愛ドラマアプリの売上が低迷しているためだ。男性向けや英語女性向けも成長分野になりそうだが、主力領域の業績をいかに立て直すかが同社の今後の課題と言えそうだ。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ボルテージ六本木サディスティックナイト

企業情報(株式会社ボルテージ)

会社名 株式会社ボルテージ
URL http://www.voltage.co.jp/
設立 1999年9月
代表者 代表取締役会長兼社長 津谷祐司
決算期 6月
直近業績 売上高73億91百万円、営業利益-10億42百万円、経常利益-10億67百万円、当期純利益-13億28百万円(2018年6月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3639

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事