Huaweiに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム製品情報記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ファーウェイ・ジャパン、『HUAWEI Mate 20 Pr...

ファーウェイ・ジャパン、『HUAWEI Mate 20 Pro』を11月30日に発売 2KのOLEDとLeicaトリプルカメラ搭載のフラッグシップスマートフォン

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
ファーウェイ・ジャパンは、11月30日に、「Mateシリーズ」の最新機種、フラッグシップモデルスマートフォン『HUAWEI Mate 20 Pro』を市場想定価格111,880円(税抜)で発売すると発表した。

 『HUAWEI Mate 20 Pro』は、最新のHUAWEI Kirin 980 オクタコアCPUとデュアルNPU※を搭載し、圧倒的な処理能力と機械学習により、これまでにないパワフルかつ、スムーズなユーザー体験を提供するという。

カメラ部分でも、さらに進化したLeicaトリプルカメラとAIプロセッサーの組み合わせにより、これまでにない画角と超高解像度のカメラで、スマートフォンカメラ撮影の新たなスタンダードを提供する。また、フラッグシップモデルに相応しく、約6.39インチの美しい大画面フルビューディスプレイと、カーブボディの採用により芸術的かつ、未来的なデザインで、次世代のスマートフォンの到来を彷彿させる製品となっているとのこと。

※AI専用プロセッサー“ニューラル・ネットワーク・プロセッシング・ユニット”


■『HUAWEI Mate 20 Pro』の主な特長
・芸術的なデザインと高精細有機EL2K+スクリーン
約6.39インチ、19.5:9のOLED高精細大画面2K+(3120×1440ドット)ディスプレイを搭載。本体は、持つのに適した角度でカーブを施し、手に馴染みやすく、片手でも持ちやすくなっている。また、ミッドナイトブルーは傷や指紋がつきにく、滑りにくいハイパー・オプティカル・パターン加工を施している。※1。

Leicaトリプルカメラをスクウェア型にレイアウトした4ポイントデザインは、シンプルながらシンメトリーのとれた、芸術的なデザインです。さらに、IP68の耐水・防塵仕様※2で安心して使用できる。
 
※1トワイライトにはハイパー・オプティカル・パターン加工はない。
※2IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味する。IP6Xとは、保護度合いをさし、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に商品を8時間入れてかくはんさせ、取り出したときに内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味している。
 
・パワーアップしたパフォーマンス性で快適な操作性
高いパフォーマンス性と効率を誇る当社最新※のSoCであるKirin 980を搭載。このKirin 980は、指の爪ほどのサイズでありながら、7nmプロセッシング技術によって69億個ものトランジスターを集積している。またAI専用プロセッサーであるNPU(ニューラル・ネットワーク・プロセッシング・ユニット)を2つ搭載したことにより、情報処理能力が向上し、Kirin 970と比較した時、パフォーマンス効率がCPUは約75%、NPUでは約226%まで向上している。

アプリ起動も、タッチ反応もより素早く、なめらかになり、快適に使える。
※2018年10月時点
 

・約4200mAhの大容量バッテリーとワイヤレス給電
バッテリーの容量は大容量の約4200mAh※1を搭載し、さらにAIの機械学習による最適化で、これまでにない電池持ちを実現している。これにより、日常的な使用はもちろんのこと、ビジネスユースからエンターテインメントまで従来品よりも電池持ちを気にすることなく楽しむことができる。さらに、付属のACアダプタを用いて充電すれば、40W HUAWEIスーパーチャージが、約30分の充電で約70%充電することを可能にした。

また、別売の15W HUWAEIワイヤレスクイックチャージを使うことで、ワイヤレスで簡単に急速充電が出来ます※2。更にQi規格がついた無線充電対応のデバイスに対して、『HUAWEI Mate 20 Pro』を電源ソースとして給電※3ができる、ワイヤレスリバースチャージ機能を搭載しており、ご家族や友人のQi規格対応携帯に充電することも可能となる。

※1理論値であり、実際の利用環境により異なる。
※2Qi規格充電器も使うことができる。
※3Qi規格内に対応。ただしすべてのデバイスの充電を保証するものではない。
 

・進化したLeicaトリプルカメラとAIがスマホカメラの可能性を広げる
2016年以降、戦略的パートナーシップを結んできたLeica社との共同開発による、Leicaトリプルカメラが更に進化し、今回、16mmの超広角レンズを搭載している。この超広角レンズにより、スマートフォンでも画角の広い写真が誰でも簡単に撮影可能になる。3つのレンズは、この約2000万画素の超広角レンズ(16mm, f/2.2)の他に、約4000万画素の広角レンズ(27mm, f/1.8)、そして約800万画素の3倍光学望遠レンズ(80mm, f/2.4)を搭載している。

超広角だけでなくマクロ撮影にも対応しており、最大2.5cmまで接近できる迫力のある写真撮影が可能になった。また、広角レンズのセンサーサイズは1.7インチ分の1を使用し、受光感度はデジタル一眼レフにひけをとらない最高感度ISO 102400を実現し、明かりの少ない場や夜景、逆光という状況でも明るく、色鮮やかに撮影することが可能となる。また、超広角レンズと光学ズームを組み合わせることで遠く離れた被写体も美しく撮影することができる。

さらに、AIが1500以上もの状況をリアルタイムで認識し、被写体に対して適したモードに自動設定してくれる機能を搭載しているので、写真技術を知らなくても、面倒な設定をしなくても、誰でも簡単に高精細できれいな写真撮影ができる。また、ポートレートモードでは新たにお好みのボケ効果を演出することが可能になった。

例えば、ハート型効果では背景の光源をハート型にすることができます。進化したLeicaトリプルカメラとAIでより満足のいく写真撮影を可能にし、スマートフォンでの写真撮影の楽しみが格段に広がる。


・AIが、動画撮影をさらに楽しく
動画撮影では、リアルタイムにエフェクトが働く5種類のシネマモードを使う事ができる。人物のカラーだけを残し、背景を白黒にした映像をリアルタイムで撮影可能な「AIカラー」、背景を自然にぼかすことで、被写体を美しく浮かび上がらせる「背景ぼかし」、カラフルで楽し気な色彩にする「フレッシュ」、レトロで味わいのある色合いで撮影が楽しめる「ヴィンテージ」、緊張感のあるホラーチックな表現が可能な「サスペンス」、という5つのエフェクトで誰でも簡単にSNS映えするフォトジェニックな動画撮影が楽しめ、映画監督気分を味わえる。
 

・イン・スクリーン指紋認証機能と、精細な3D顔認証
セキュリティー保護の面でも更に進化しており、状況によって使い分けることができる2つの高度なセキュリティー解除機能を搭載している。指紋認証機能をディスプレイ上に設けたイン・スクリーン指紋認証機能は、ディスプレイの表示画面を損ねること無く、高感度の指紋認証を可能にしました。また、さまざまなセンサーを使った高度な3D顔認証では、約0.6秒※以内の高速な3D認証を実現し、暗い部屋でも正確に認識する事が可能になっている。
※HUAWEIラボによる検証であり、実際の利用環境では異なる場合があります。

・インテリジェントなAIでデジタル生活をサポート
標準搭載している「AI Vision」機能は被写体をスキャンし、それに関連する情報を表示できる機能となる。例えば、カメラをかざすだけで簡単な調べ物や翻訳ができ、さらに類似する製品をオンラインストアから探し出し簡単に気になる商品を購入することができる。旅先で気になるランドマークをスキャンすればその建物の情報を表示し、食べ物をスキャンすれば、カロリーを表示※してくれる。

また、「HiTouch」機能ではWEBブラウジング中などに画面を二本の指で長押しすると画面に表示されたアイテムやそれに関連する商品をAIが分析しオンラインストアから検索する。日々の生活をより便利に楽しくサポートしてくれる、インテリジェントなスマートフォンになっている。

※映像とカロリーは参考値であり、医療用には利用できない。


・好きなキャラクターに息を吹き込める
HUAWEIのAppGalleryなどでダウンロードできる「3Dライブメーカー」アプリを使えば、好きなキャラクターをフロントノッチのセンサーを使用して3Dスキャンすることで、モデリングしたキャラクターを画面上に登場させる「3Dライブオブジェクトモデリング」機能を使うことができる。アニメーション化し、動かすこともできるので好きなキャラクターをスキャンすれば一緒に写真や動画の撮影が楽しめる。また、簡単にSNSでシェアすることも可能となる。


・多彩なユーザビリティ
『HUAWEI Mate 20 Pro』は他にも様々な進化した機能を搭載している。当社最新のデュアル周波数GPS(L1とL5の2つのバンド帯に対応したGPS)を搭載し、より高速で高精度の位置情報の把握が可能になっている。GPS電波が届きにくいところもAIが自動的により適した衛星システムを選択し、高精度の位置情報を維持する。

また、全画面スマホに対応したジェスチャーナビ・ゲーション機能をオンにすれば画面をスワイプするだけで画面遷移が可能に。さらに、HUAWEI PCモードでは対応デバイスに無線で画面を投影することができる。外部メモリとしては、HUAWEI独自の規格であるNMカードに対応しており、多彩なユーザビリティを提供している。

※NMカードは12月10日より発売する。


・購入は今がチャンス!発売記念キャンペーン
11月30日から12月31日までに店頭またはオンラインショップで『HUAWEI Mate 20 Pro』を購入した人全員に、10,000円分の商品券をプレゼント※するキャンペーンを実施する。キャンペーンの詳細は下記URLを確認しよう。

キャンペーンURL:http://huawei-cpn.jp/mate20/

※商品券の発送は2019年1月下旬となる。
 
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事