グランブルーファンタジー(グラブル)、Cygamesに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームキャンペーン記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Cygames、『グランブルーファンタジー』ディレクターレタ...

Cygames、『グランブルーファンタジー』ディレクターレターVol.2を公開 「リリィ」の最終上限解放やお約束部分を崩しつつ新しい流れを作る展望も

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

Cygamesは、1月7日、『グランブルーファンタジー』ディレクターレター Vol.2を公開、福原哲也氏が2019年の展望や、『グランブルーファンタジーヴァーサス』、『グランブルーファンタジー Relink』といったタイトルについて紹介している。

まず2019年に関してだが、過去5年でパターン化されていたような部分を崩していきたいという。これは現在のスマホアプリやユーザーを取り巻く環境、開発・運営チームが今後より安定したサービスを提供しつつ新しい挑戦が出来るようにと、5年前に出来上がった慣習を更新しつつ、2019年という時勢にあわせて最適化していくという意味合いだそうだ。

例えばシナリオイベントの場合は毎年11月末が「四騎士」、12月末が「組織」のシナリオイベントが開催していたが、そういったある種の「お約束」になっている部分は崩しつつ新しい流れを作りたいと、その意気込みを語っている。
※四騎士や組織が主役のシナリオが無くなるわけではないようだ。

またシステム面では、上限解放用素材が入手できる火曜~金曜や、6属性の討滅戦は5周年アップデート近辺で常設とする予定とのこと。
 

次に今年活躍するキャラクターだ。今年は2018年にあまりスポットの当たらなかった面々を活躍させられるよう計画があるようだ。また最近はマルチバトルではおなじみだった星晶獣たちも人気が上がってきており、そういう方面への期待もあるという。

またシナリオイベント「氷晶宮でミックスパイを」の復刻にあわせて「リリィ」は最終上限解放が実装するとのこと。

公式サイトでは、その他、『グランブルーファンタジーヴァーサス』や『グランブルーファンタジー Relink』についても触れているので確認してみてよう。


 
■『グランブルーファンタジー』
 

App Store

Google Play

ブラウザ版

AndApp版



©Cygames, Inc.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( グランブルーファンタジー Relinkグランブルーファンタジー ヴァーサスグランブルーファンタジー(グラブル)

企業情報(株式会社Cygames)

会社名 株式会社Cygames
URL https://cygames.co.jp/
設立 2011年5月
代表者 渡邊 耕一
決算期 9月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

株式会社Cygamesの求人情報

3DCGアーティスト

キャラクターのモデル作成 背景モデルの作成 キャラクターモデルのモーション作成 エフェクトの作成 3Dグラフィックのアートディレクション

イラストレーター

・弊社にて開発・運用中のタイトルのキャラクターから背景まで一枚のイラスト ・ゲーム内に登場するキャラクターやアイテムの原画・彩色を担当 ・ゲーム内アニメーション用キャラクター制作 ・新規ゲーム用のコンセプトアート

ゲームスクリプター

ゲームスクリプターはユーザーが熱狂するような、「最高のコンテンツ」制作を担う仕事です。 ゲーム開発の現場で、スクリプト言語を用いてイベントを組み立てたり、 キャラクターの動きを指定したり、ゲームを構築する役割をお任せします。

株式会社CygamesのSPECIAL記事

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事