スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【SPAJAM2019】東京B予選が開催! 「Picdoc」...

【SPAJAM2019】東京B予選が開催! 「Picdoc」を開発したERAIZAが最優秀賞に!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイル・コンテンツ・フォーラムは、6月8日から9日にかけて、「スマートフォンアプリジャム2019(SPAJAM2019)」の東京B予選を開催した。

東京B予選では、「観光」というテーマが設定され、約24時間でアプリを開発するハッカソンを開催した結果、最優秀賞を勝ち取り本選出場を決めたのは「Picdoc」を開発したチーム「ERAIZA」だった。

2019年7月13日から箱根で開催される本選へ出場できるチームは、最優秀賞チームに加えて、全国の予選7会場で優秀賞を勝ち取ったチームの中から最大2チームが選出される。 

【最優秀賞チーム】
・チーム名…ERAIZA
・アプリ名…Picdoc
・チームメンバー…野口 千紘、羽柴 彩月、藤木 良祐、白鳥 亜美、荒川 陸
・アプリの内容…「外国人がピクトグラムを正しく理解できない問題」を解決するアプリ「Picdoc」を開発。意味を理解できないピクトグラムを写真に撮ると、画像解析をしてその意味を教えてくれるアプリ。画像解析にVGG16、分析結果の翻訳にはMicrosoft Translator APIを活用し、実装した。さらに、プレゼンでは位置情報から訪日外国人観光客がどこでピクトグラムの解釈に困っているかを特定することで、その解決を図れる可能性が示された。テーマに対する課題設定、UIおよび実装の完成度の高さ、プレゼン力が総合的に評価され、最優秀賞を獲得した。

  

【優秀賞チーム】
・チーム名:RISE UP
アプリ名:アメログ 代表:工藤 卓也
・チーム名:日常ガジェット研究所
アプリ名:JourNAVI 代表:高沼 昂佑
・チーム名:チームCOSMOS
アプリ名:ふるふるジャーニー 代表:諸岡 侑加




【東京B予選概要】
・日程:2019年6月8日(土)~ 9日(日)
・会場:株式会社ドワンゴ
・参加チーム数:12チーム(58名)
・テーマ:観光
・審査員:
五十嵐 太清氏 SPAJAM2014優勝者
千代田まどか(ちょまど)氏 マイクロソフト テクニカルエバンジェリスト
三淵 啓自氏 デジタルハリウッド大学大学院 デジタルコンテンツ研究科 専任教授
和賀 勝彦氏 株式会社カオナビ 執行役員 テクノロジー統括本部長 最高技術責任者
・出場チーム(開発アプリ):
ERAIZA(Picdoc)
どうぶつえん(てらべる)
RAISE UP(アメログ)
チーム COSMOS(ふるふるジャーニー)
深センで有休消化(ファストスパ!)
日常ガジェット研究所(JourNAVI)
ちーむたかの(Shy To Seeing)
teamAluminium(看板ニャンコ)
えんじょいはっぴー(SanPay!)
REDIMPULZ+1(Kawaii)
WBAYTT(FakeTourist)
湯けむりハッカソン(ミッション・インポッシブル)


<協賛・協力企業>
ガンホー・オンライン・エンターテイメント(株)、(株)ドワンゴ
(株)カオナビ、(株)ディー・エヌ・エー、LINE(株)
(株)エムティーアイ、(株)バンダイナムコエンターテインメント、フリュー(株)
IT media、ケータイWatch、ソーシャルゲームインフォ、ファミ通Apps、4Gamer.net、LIGARE、リセマム
(株)アカツキ、(株)エーアイ、温泉むすめ、関西大学、Google、旅の宿、ニフクラ、
(株)モンテール、ユニティテクノロジーズジャパン合同会社


 

公式サイト



 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事