モノビットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > モノビットエンジン、「GTMF2019」でMicrosoft...

モノビットエンジン、「GTMF2019」でMicrosoft HoloLensを使ったサンプルデモを実演 マイクトロソフトとの共同講演も

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

モノビットエンジンは、7月3日、Unityで利用可能なリアルタイム通信エンジン「Monobit Unity Networking2.0(以下、MUN)」、「VR Voice Chat」及び「モノビットエンジンクラウド」を Mixed Reality(複合現実/MR)を実現する「Microsoft HoloLens」(※1)に正式対応したと発表した。

また、同時にサンプルデモを開発し、東京・大阪にて行われる GTMF2019にて、このサンプルデモの実演を行う。

■対応製品概要
モノビットエンジンクラウド β版

「モノビットエンジンクラウド β版」は、バックエンドに MUN を搭載し、マルチプレイゲームを Unity 上で簡単に実現するクラウドサービス。通信パフォーマンスを最大化するために開発され運用実績豊富な超高速リアルタイム通信ライブラリの Monobit Revolution Server(MRS)をベースに、クラウド基盤として日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム 「Microsoft Azure」(※2)を使用することにより、高性能・高コストパフォーマンスのリアルタイム通信サーバを手軽に利用できる。

また、MUN だけでなく、「VR Voice Chat(以下、VRVC)」も標準で利用可能となっており、VR ライブや VR 会議システムなど、ボイスチャットを利用する VR 向けマルチプレイコンテンツでも便利に利用できる。

モノビットエンジンクラウド公式サイト: https://web.cloud.monobitengine.com

・Monobit Unity Networking 2.0
 

MUN とは、Unity専用の無料アセットで、クライアントプログラムだけでマルチプレイコンテンツを簡単に実装できる。さらに新製品「Monobit Revolution Sever」(以下、MRS)の新コアを採用し、TCP に加え、UDP/RDUP も正式サポートするなど大幅な通信性能アップを図った。

▼製品ダウンロード
http://www.monobitengine.com/mun/

・VR Voice Chat 2.0
今、xR コンテンツにおける″リアルタイム・コミュニケーション″の必要性が高まっている。『VR Voice Chat』(以下、VRVC)とは、xR空間内で複数人による物理同期やボイスチャットを手軽に実装できる Unity専用のアセットとなる。

自分の動きや声をネットワークで通信し、リアルタイムでxR 空間を共有することで、コンテンツの新たな楽しみ方や深い没入感を創り出すことができる。さらにゲームだけではなく、様々な業種で制作されるxR コンテンツにも、ボイスチャットを簡単に搭載できる。なお、VRVC はモノビットエンジン公式サイトにて、無料ダウンロードできる。

▼製品ダウンロード先
http://www.monobitengine.com/vrvc/

■「GTMF2019 OSAKA/TOKYO」情報
7月5日、グランキューブ大阪にて行われる「GTMF2019」を皮切りに、日本マイクロソフトと共同出展・講演する。

【セッション名】
Linux も動く Microsoft Azure
HoloLens にも対応した次世代マルチプレイミドルウェア〜モノビットエンジンクラウド〜にて採用した理由

【セッション内容】
Microsoft Azure 上で稼働している、新製品モノビットエンジンンクラウドはマルチプレイを利用したアプリ、コンテンツ開発だけでなく、xR デバイスでも簡単に扱う事が可能となる。本セッションではマルチデバイスにおける xR コンテンツの実際の事例などを交え、HoloLens にも対応したモノビットエンジンの最新情報もお届けする。

Microsoft Azure の VM のおよそ半分が Linux で動いている。今回は、ゲーム開発の中で取り上げられることの多い Linux で開発されたゲームのケースを交えながら、Microsoft Azure の便利な機能を紹介する。

【登壇者】
梅津 寛子氏
日本マイクロソフト株式会社 クラウドソリューションアーキテクト

職種はインフラエンジニア、前職はゲーム会社でオンラインゲームや Web システムのインフラ構築運用を担当。オンプレミスとパブリッククラウドを経験し、現在はマイクロソフトにてゲーム業界向けクラウドソリューションアーキテクトとして活動中 。

安田 京人氏
モノビットエンジン株式会社代表取締役社長
6 年間大手デベロッパーでコンシューマーゲームプログラマーとしてアクションゲームを中心に様々なジャンルのゲーム開発に携わったのち株式会社モノビットに入社。現在はモノビットエンジンの開発指揮とエヴァンジェリストとして活動。2018 年 7 月「モノビットエンジン株式会社」代表取締役に就任。

GTMF 情報:https://gtmf.jp/2019/index.html

※1:Microsoft HoloLens は Windows 10 を搭載し、携帯電話や PC などの外部機器と接続する必要がなく、ワイヤレスで使用できる、全く制約の無い初めての自己完結型ホログラフィックコンピューターとなる。MicrosoftHoloLens を通して、目の前に見えている現実世界の中にホログラムを配置して、現実世界とデジタルが融合した世界を様々な角度から見たり、デジタルコンテンツを操作したりすることが可能となる新しい世界(Mixed Reality/複合現実)を実現する。

※2:Microsoft、Azure は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標となる。

※マイクロソフトの許諾を得て使用している。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( モノビットマイクロソフト

企業情報(株式会社モノビット)

会社名 株式会社モノビット
URL http://monobit.co.jp/
設立 2013年1月
代表者 本城 嘉太郎
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事