バンダイナムコアーツに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > バンダイナムコアーツ、19年3月期の営業利益は倍増の52億円...

バンダイナムコアーツ、19年3月期の営業利益は倍増の52億円…バンダイビジュアルとランティスが合併

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
バンダイバムコアーツの2019年3月期の決算は、売上高が前の期比41.8%増の329億円、営業利益が同101.6%増の52億円、経常利益が同52.2%増の56億円、最終利益が同159.8%増の74億円と大幅な増益となった。

同社は、バンダイナムコグループにおける映像音楽プロデュースユニットの主幹会社。2018年4月、バンダイビジュアルを存続会社として、ランティスと合併し、現在の社名に変更した経緯がある。

映像音楽コンテンツおよびパッケージソフト、ライブイベントの企画・開発・販売などを行っている。バンダイビジュアルにランティスが加わったことで、売上と利益が大きく伸びたようだ。

売上高と利益の推移は以下のとおり。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事