LINEに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【LINEリサーチ調査】若年者の流行に関する定点調査…15~...

【LINEリサーチ調査】若年者の流行に関する定点調査…15~18歳男性でゲームが最多、下半期流行予測の3位に「ポケモンGO」

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


LINE<3938>が運営するスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」は、 「若年層の流行に関する定点調査(2019年上期)」を発表した。同社では、全国の15~24歳の若年層の男女に四半期ごとに「最近流行っているコト・モノ・ヒト」「2019年下半期に流行りそうだと思うもの」についてアンケート調査(自由記述形式)を行った。今回発表となったのは2019年上期で、3月と6月に実施したとのこと。

調査結果は以下のとおり(プレスリリースより)。


■調査サマリー 
・2019年上期の若年層流行、 男女ともに「タピオカ」が圧倒的1位
・男性15~18歳の流行、 上位10項目中7項目は、 ゲーム関連
・2019年下期の流行予測は
1位「タピオカ」、 2位「東京オリンピック」、 3位「ポケットモンスター/ポケモンGO」「日向坂46」


■2019年上期の若年層流行、 男女ともに「タピオカ」が圧倒的1位 
・3月、 6月ともに「タピオカ」が1位。 
・「タピオカ」の回答が3ヵ月間で約3.4倍となり、 タピオカブームが加熱
・3月、 6月ともに「Instagram」「Tik Tok」が2~3位にランクイン




■男性15~18歳の流行、 上位10項目中7項目は、 ゲーム関連 
・男性15~18歳の流行上位10項目中7項目は、 ゲーム関連
(ゲーム:4.9%、 Winning Elevenシリーズ:4.1%、 パズル&ドラゴンズ:4.0%、 クラッシュ・ロワイヤル:3.3%荒野行動-Knives Out-:3.2%、 Shadowverse:2.7%)
・「タピオカ」の回答数は女性19~22歳が最多(31.3%)
・23~24歳男性では「吉本興業 闇営業問題」が話題に(4.2%)
・「Tik Tok」「Instagram」の回答数はともに女性15~18歳が最多(Tik Tok:8.3%、 Instagram:5.4%)




■2019年下期の流行予測、 1位「タピオカ」、 2位「東京オリンピック」、 3位「ポケットモンスター/ポケモンGO」「日向坂46」 
・2019年下期の流行予測でも、 「タピオカ」が8.2%で1位
・2020年に向けて「東京オリンピック」が1.7%で2位
・「ポケットモンスター/ポケモンGO」「日向坂46」がそれぞれ1.6%で3位
・流行予測調査で急上昇した下期注目のトレンドは
人気お笑い芸人「EXIT」1.3%(6位)や人気男性アイドルグループ「SixTONES」1.2%(7位)




LINEリサーチでは、 今後も国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤に、 四半期毎に本流行調査を実施してまいります。 


【調査について】
2019年3月度調査
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~24歳の男女
実施時期:2019年3月26日~3月28日
有効回収数:本調査 4,431s(※特になし/不明に該当する回答のみの対象は、 分析対象から除外。 )
※「最近流行っているコト・モノ・ヒト」について自由記述形式で聴取し、 ランキング化。 
※[男性]15-18歳:19-22歳:23-24歳:[女性]15-18歳:19-22歳:23-24歳が
2:2:1:2:2:1となるように構成比を補正。 


2019年6月度調査
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~24歳の男女
実施時期:2019年6月27日~6月29日
有効回収数:本調査 4,397s(※特になし/不明に該当する回答のみの対象は、 分析対象から除外。 )
※「最近流行っているコト・モノ・ヒト」「2019年下半期(7~12月)に、 流行りそう!!と思うもの」について自由記述形式で聴取し、 ランキング化。 
※[男性]15-18歳:19-22歳:23-24歳:[女性]15-18歳:19-22歳:23-24歳が
2:2:1:2:2:1となるように構成比を補正。 


■「LINEリサーチ」について 
「LINEリサーチ」は、 企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、 スマートフォン時代のリサーチプラットフォームです。 460万人のアクティブモニターのうち10~29歳が54%を占め*、 学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能です。 また、 従来型の調査パネルと異なり、 リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、 より一般的な意見を収集できます。 LINEのプッシュ通知で配信するため、 ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、 スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、 効果的に調査を実施することが可能です。 
* 2019年3月時点

 

公式サイト

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( LINE

企業情報(LINE株式会社)

会社名 LINE株式会社
URL http://linecorp.com/
設立 2000年9月
代表者 出澤 剛
決算期 12月
直近業績 売上収益2071億円、営業利益161億円、最終損益37億円の赤字(2018年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3638

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事