19年4-6月決算、イー・ガーディアンに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > イー・ガーディアン、3Qは売上高10%増、営業益10%増と2...

イー・ガーディアン、3Qは売上高10%増、営業益10%増と2ケタ増収増益に キャッシュレス関連サービスに向けてオンライン本人確認サービスを提供

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
イー・ガーディアン<6050>は、8月1日、2019年9月期の第3四半期累計(10~6月)の連結決算を発表、売上高48億3800万円(前年同期比10.1%増)、営業利益8億6300万円(同10.8%増)、経常利益8億9000万円(同12.4%増)、最終利益6億500万円(同11.4%増)となった。
 

主な業種ごとの状況は以下の通り。

①ソーシャルサポート…売上高17億6800万円(前年同期比24.9%増)
成長を続けるソーシャルWebサービスにおいて、監視・CSだけではなく、運用や分析といった多種多様な新サービスの展開や既存顧客への深耕営業に注力した。加えて、フィンテック市場規模の拡大が予測される中、キャッシュレス関連サービスのアカウント開設に必須である本人確認手続きの簡素化ニーズに対応するため、オンライン本人確認サービス「eKYC」を提供した。

②ゲームサポート…売上高19億1800万円(同4.0%増)
豊富な運用実績とノウハウの蓄積により既存顧客との関係の強化を目指すと同時に、デバッグを提供するトラネルと連携したサービスの提供、日本市場に参入する中国系および韓国系海外ゲーム企業の多言語カスタマーサポートの受注に注力した。また、世界最大のゲームショウである「E3(Electronic Entertainment Expo)2019」に出展するなど、海外市場における認知度拡大に取り組んだ。

③アド・プロセス…売上高6億3400万円(同7.6%増)
既存の広告審査業務だけでなく、広告枠管理から入稿管理、広告ライティング等の提供サービスの拡大に注力するとともに、派遣・常駐型業務と同社センター業務を組み合わせた運用に加え、自社開発したRPAの活用により競合他社との差別化を図り、既存顧客への深耕営業を目指した。

なお、2019年9月期通期の業績予想は、従来予想から変更なく、売上高68億100万円(前期比15.2%増)、営業利益11億5900万円(同11.5%増)、経常利益11億7900万円(同12.4%増)、最終利益8億1400万円(同10.6%増)の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年4-6月決算イー・ガーディアン

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事