メディア工房に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(10/15)】業績好転で買い殺到のエディアが...

【ゲーム株概況(10/15)】業績好転で買い殺到のエディアが連日のS高 大幅増益予想のメディア工房もS高 ケイブは乱高下

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ

注目ワード : 

10月15日の東京株式市場では、日経平均は3日続伸。前日比408.34円高の2万22074.21円で取引を終えた。米中閣僚級通商協議が部分合意に達したことを好感し、幅広い銘柄に買いが入った。為替相場で1ドル=108円台に入ったことも支援材料となった。

こうしたなか、ゲーム関連株を見ると、エディア<3935>が連日のストップ高となった。先週末の前引け後に発表した第2四半期決算で、6~8月が四半期ベースで700万円の営業黒字に転換したことがポジティブ・サプライズと受け止められ、引き続き買いが殺到した。

同様にメディア工房<3815>もストップ高。先週末に発表した2019年8月期決算での業績見通しが好感されたようだ。発表した2020年8月期の業績予想は、営業利益が256.5%増の7200万円になるとした。

また、ブシロード<7803>やブロッコリー<2706>、サイバーステップ<3810>などが買われた。

他方、コロプラ<3668>が続落。gumi<3903>もさえない。ケイブ<3760>は乱高下。前場では99円高の929円まで買われる場面があったが、引け間際にマイナスに転じた。


【関連記事】
メディア工房、19年8月期は売上高10%減、営業益36%減に 主力の占いコンテンツは漸減続く ゲームは運営タイトル数の減少に加えて新作開発費も
ブロッコリー、第2四半期の営業利益は1.5%増の3.4億円…『うたの☆プリンスさまっ♪(うた☆プリ)』関連音楽CDやTCG『Z/X』が貢献
【決算】ブロッコリー、第2四半期は新規コンテンツの先行費用吸収し営業増益…劇場版『うたプリ』関連CDや『Z/X』など高採算商品が貢献
エディア、第2四半期は56%増収・赤字幅大幅縮小 電子書籍やドラマCDが拡大に貢献 『アイドルうぉーず』など運営移管タイトルも堅調



【ゲーム関連株一覧】
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社メディア工房)

会社名 株式会社メディア工房
URL https://www.mkb.ne.jp/
設立 1997年10月
代表者 長沢 一男
決算期 8月
直近業績 売上高24億円、営業利益7億円、最終利益4億円(2014年8月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3815

企業情報(株式会社ケイブ)

会社名 株式会社ケイブ
URL http://www.cave.co.jp/
設立 1994年6月
代表者 代表取締役社長 秋田 英好
決算期 5月
直近業績 売上高18億9000万円、営業損益6億9600万円の赤字、経常損益7億3900万円の赤字、最終損益が12億4000万円の赤字(2019年5月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3760

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事