19年7-9月決算、ミクシィに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ミクシィ、2Qは売上高34%減、営業益80%減と大幅な減収減...

ミクシィ、2Qは売上高34%減、営業益80%減と大幅な減収減益に ARPU低下で『モンスト』の売上高が減少 『モンスト』IPを活用したゲーム開発を積極化

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ミクシィ<2121>は、11月8日、2020年3月期の第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表、売上高468億円(前年同期比34.1%減)、営業利益40億円(同80.5%減)、経常利益40億円(同80.5%減)、最終利益21億円(同83.0%減)となった。
 

各セグメント別の状況は以下の通り。

①エンターテインメント事業…売上高451億円(前年同期比33.7%減)、セグメント利益97億円(同61.7%減)
主力の『モンスターストライク』は、前年同期と比較してARPUが低下したことにより売上高は減少した。ただし、ゲーム利用者数は2019年10月に全世界で5,200万人を突破した。また、『モンスターストライク』のIPを活用した新規ゲームの開発などを積極的に進めている。

スポーツ領域では、プロスポーツチーム経営、公営競技関連事業への投資を行った。プロスポーツチーム経営は、2019年10月に千葉ジェッツふなばしを子会社化した。公営競技関連事業は、2019年2月にインターネットで競輪およびオートレースに投票するサービス「チャリロト.com」を提供するチャリ・ロトの全株式を取得し、共同で新たなサービスの開発を進めている。

②ライフスタイル事業…売上高16億円(前年同期比43.4%減)、セグメント損益4億円の赤字(前年同期は8億円の赤字)
「家族アルバム みてね」は、2019年6月には利用者が500万人を突破した。また、2019年4月に機能を充実化させた月額課金制のプレミアムサービスを開始するなど、マネタイズの強化を行った。2019年10月には子会社化したスフィダンテの持つノウハウを活かした「みてね年賀状」の提供を開始している。なお、ライフスタイル事業全体では、前期にDiverseの全株式を譲渡した影響により売上高が減少した。


【関連記事】
​ミクシィ、2Q期間(7~9月)はQonQで売上高25%増、営業益は46%増に 大きく落ち込んだ1Qから回復…『モンスト』の連続的な大型施策が奏功(訂正)
​ミクシィ、下期に移転費用40億円を見込む 2Qで利益好進捗も通期計画を据え置きに
【ミクシィ決算説明会】木村社長「MAUは大幅回復。ARPUを向上させ、年末は紅白か『モンスト』かというくらい盛り上げたい」
【ミクシィ決算説明会】木村社長「ウェルネス領域は方向性を検討。」 今年オープンのココサイズ1号店が11月末で閉店に


なお、2020年3月期通期の予想については、従来予想から変更なく、売上高1000億円(前期比30.6%減)、営業利益50億円(同87.8%減)、経常利益50億円(同87.8%減)、最終利益30億円(同88.7%減)の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ミクシィ19年7-9月決算

企業情報(株式会社ミクシィ)

会社名 株式会社ミクシィ
URL http://mixi.co.jp/
設立 1997年11月
代表者 木村弘毅
決算期 3月
直近業績 売上高1890億円、営業利益723億円、経常利益727億円、最終利益417億円(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 2121

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事