セガ・インタラクティブに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > セガサミーHD、エンタテインメントコンテンツ事業の再編を実施...

セガサミーHD、エンタテインメントコンテンツ事業の再編を実施 セガゲームスがセガ・インタラクティブを来年4月に吸収合併…新商号はセガに

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
セガサミーホールディングス<6460>は、12月24日、エンタテインメントコンテンツ事業における組織再編を行い、連結子会社のセガゲームスが同じく連結子会社のセガ・インタラクティブを来年4月1日付で吸収合併することと、その合併会社およびセガホールディングスの商号を同日付で変更することを発表した。

同社グループは、2017年5月に、2020年3月期を最終年度とした中期経営計画「Road to 2020」を策定し、企業価値の拡大に取り組んできた。エンタテインメントコンテンツ事業においては、市場が拡大傾向にある海外を中心としたパッケージゲーム分野が好調に推移し、安定的な収益を創出できる体質を構築することを実現した。一方で、国内のモバイルゲームを中心としたデジタルゲーム分野が低迷したことから、「Road to 2020」策定当初に掲げていた目標を達成することは困難となった。

今後、5Gやクラウドといったテクノロジーやインフラの発展に伴い、新しいゲームプラットフォーム・ビジネスモデルが普及するにつれ、グローバルゲーム市場は継続して拡大すると想定される中で、同社グループのプレゼンスを高め、さらなる成長を実現するためには、グループにおける主要事業会社であるセガゲームスとセガゲームスの2社を統合し、今まで以上にグループの国内R&Dリソースを機動的に再配置し、世界市場における競争力を強化していく必要があることから、今回の再編を決定した。

今後は、好調な既存有力タイトルの海外市場でのさらなる拡販と、国内R&D発のグローバルタイトルの開発に積極的に取り組んで行くとともに、グループの総合力を生かしたIPの副次的展開によるグループシナジーの創出を推進していく。

合併は上記のとおり、セガゲームスを存続会社とする吸収合併方式で行われ、セガ・インタラクティブは効力発生日に解散する。また、同時に商号をセガゲームスから「株式会社セガ」に変更する。また、その持ち株会社となるセガホールディングスは商号を「株式会社セガグループ」に変更する。





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( セガグループセガ・インタラクティブセガ

企業情報(セガサミーホールディングス株式会社)

会社名 セガサミーホールディングス株式会社
URL http://www.segasammy.co.jp
設立 2004年10月
代表者 里見治/鶴見尚也
決算期 3月
直近業績 売上高3236億円)、営業利益177億円、経常利益145億円、最終利益89億円(2018年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 6460

企業情報(株式会社セガ)

会社名 株式会社セガ
URL http://sega-games.co.jp/
設立 2015年4月
代表者 里見 治紀/杉野 行雄/松原健二
決算期 3月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事