ミラクルポジティブに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 『FGO』開発・運営のディライトワークス、2019年7月期の...

『FGO』開発・運営のディライトワークス、2019年7月期の最終利益は69億8200万円 減益も引き続き高水準で推移

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
大ヒットタイトル『Fate/Grand Order』(FGO)の開発・運営元として知られているディライトワークスの2019年7月期(第6期)の決算は、最終利益が前の期比で4.6%減の69億8200万円だったことがわかった。前の期(2018年7月期)の実績は73億2100万円だった。

同社は、2014年1月に設立されたゲーム開発会社。『FGO』と関連タイトルなどスマートフォンゲームの開発・運営を行っているほか、ボードゲームの制作・販売、『タイニーメタル 虚構の帝国』や『紙謎 未来からの想いで』などのインディーズゲームのパブリッシングなどを行っている。

最終利益の推移は以下のとおり。『FGO』のヒットを受けて最終利益が大きく伸びたことが確認できる。

 


ディライトワークスの子会社であるミラクルポジティブの2019年7月期(第10期)の最終損益は80万2000円の赤字と赤字幅縮小となった。前の期(2018年9月期)の実績は、585万円の最終赤字だった。

同社は、2010年5月に設立されたオンラインゲームの開発会社で、2016年8月にディライトワークスの子会社となっている。

また、IZM designworksの2019年7月期(第3期)の最終利益は、前の期比28.5%減の940万円だった。ディライトワークスのアートデザインを統括するクリエイティブオフィサーの直良有祐氏が代表を務めている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ディライトワークスミラクルポジティブIZM designworks

企業情報(ディライトワークス株式会社)

会社名 ディライトワークス株式会社
URL http://delightworks.jp/
設立 2014年1月
代表者 庄司顕仁
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事