19年10-12月決算、ソニーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ソニーのゲーム事業、19年10~12月は減収減益 ソフトとハ...

ソニーのゲーム事業、19年10~12月は減収減益 ソフトとハードの売上減少 PS5への移行期間入りで調整局面に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニー<6758>が昨日(2月4日)発表した第3四半期(2019年10~12月)のゲーム事業の業績は、売上高が前年同期比20%減の6321億円、営業利益が同26.8%減の535億円と大幅な減収減益となった。

プレイステーション4(PS4)ハードウェア及びPS4向けゲームソフトウェアの売上が低下したことに加え、為替の悪影響が出たため、としている。PS4については、次世代機の発表も影響したという。

さらに、プレイステーションプラス(PS Plus)をはじめとするネットワークサービスの成長による増益はあったものの、主にサードパーティーソフトの減収の影響も利益を押し下げたとのこと。

 


なお、PS5への移行期に入るため、業績面は調整局面に入るとの見方を示した。中長期的には、PS Plusなどネットワークサービスが伸びており、ゲーム事業は着実に成長している、とした。

 


なお、同事業の四半期別の売上高と営業利益の推移は以下のとおり。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年10-12月決算ソニー・インタラクティブエンタテインメントソニー

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事