19年10-12月決算、エイベックスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > エイベックス、20年3月通期の営業益を72→40億円、最終益...

エイベックス、20年3月通期の営業益を72→40億円、最終益を28→10億円に下方修正 音楽事業の売上減で 一部タレントに関連した損失は精査中

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
エイベックス<7860>は、本日(2月6日)、2020年3月通期の営業利益予想を72億円から40億円、最終利益を28億円から10億円にそれぞれ引き下げた。売上高の見通しについては開示されていない。

その理由について、音楽ソフト販売とライヴ公演数が減少したことで、音楽事業の売上高が減少するため、と説明している。前期は、安室奈美恵さんのライブBDが業績に大きな影響を与えたが、その効果が剥落しただけではないようだ。

なお、一部タレントに関わる損失の影響については、現在精査中で最終利益には織り込んでいないとのこと。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年10-12月決算エイベックス

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事