20年1-3月決算、コーエーテクモホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コーエーテクモHD、モバイルゲームの4Q売上高は52億円と過...

コーエーテクモHD、モバイルゲームの4Q売上高は52億円と過去最高…『三国志・战略版』の大ヒットを受けてロイヤリティ収益拡大

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


コーエーテクモホールディングス<3635>は、この日(4月27日)、2020年1~3月のオンライン・モバイル分野の売上高が52億円と過去最高を更新したことを明らかにした。第2四半期が27億円、第3四半期が41億円と四半期ごとに伸ばしていたが、さらに伸ばした格好だ。IPを許諾した『三国志・战略版』が中国本土で大ヒットしたことを受けて、ロイヤリティ収益が入ったことが主な要因だ。利益率も高いため、同社全体の収益を押し上げる要因となった。
 


同社では、オンライン・モバイルゲームに引き続き注力する方針。月商10億円を目指すスマートフォンゲーム『三國志 新作(仮)』を2020年にリリースするほか、midasブランドの新作も開発を進めているとのこと。さらに、IP許諾タイトルとして、新たに『真・三國無双 覇』のリリースも予定しているとのこと。
 


【関連記事】
コーエーテクモHD、20年3月期は売上・利益とも経営統合以来の最高業績…大型パッケージゲームとIP許諾したスマホゲームのロイヤリティが貢献
コーエーテクモHD、好業績を受けて20年3月期末配当を52円から61円に増額

 
(編集部 木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コーエーテクモホールディングス20年1-3月決算

企業情報(コーエーテクモホールディングス株式会社)

会社名 コーエーテクモホールディングス株式会社
URL http://www.koeitecmo.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期 3月
直近業績 売上高346億円、営業利益62億円、経常利益88億円、当期純利益56億円(2013年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3635

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事