20年1-3月決算、KADOKAWAに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > KADOKAWA、20年3月期の営業益は3倍の80億円と大幅...

KADOKAWA、20年3月期の営業益は3倍の80億円と大幅増 ドワンゴ構造改革が奏功 ゲームは「SEKIRO」大きく貢献、アニメ海外許諾も好調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
KADOKAWA<9468>は、本日5月14日、2020年3月期の連結決算を発表し、売上高2046億5300万円(前の期比1.9%減)、営業利益80億8700万円(同198.7%増)、経常利益87億8700万円(同108.9%増)、最終利益80億9800万円(前の期は、40億8500万円の赤字)となり、と経常利益は大きく伸び、最終利益も黒字転換に成功した。

いずれのセグメントにおいても、新型コロナウイルス感染症拡大による売上減・利益減の影響があったものの、Webサービス事業において構造改革を実施したことで、グループ全体の収益性は大きく改善した。

 



[出版事業]
主な新規刊行作品では、「ファイブスター物語(15)」「ダンジョン飯(8)」(コミックス)、「ソードアート・オンライン(22) キス・アンド・フライ」「魔法科高校の劣等生(28) 追跡編<上>」(ライトノベル)、「小説 天気の子」「AX アックス」(一般文庫)、「はじめてのやせ筋トレ」「世界一美味しい手抜きごはん 最速! やる気のいらない100レシピ」(一般書)等の販売が好調だった。

電子書籍・電子雑誌は、市場動向を踏まえた機動的なマーケティング施策が奏功し、これまでに引き続き好調に推移し、当期は過去最高の売上高となった。

セグメント費用については、業界構造の変化により物流費が増加したほか、2019年7月1日に実施した会社分割によるグループ再編の影響により、従来は全社費用に計上していた費用約6億円を出版事業に計上している。この結果、当事業の売上高は1173億300万円(前の期比1.2%増)、セグメント利益()は62億4800万円(前の期比13.9%減)となった。

なお、現在、埼玉県所沢市において、書籍製造・物流工場の稼働に向けて準備を進めている。これに先立ち、一部の文庫やライトノベル、新書、コミックにおいては、すでにデジタル印刷による商業生産を開始している。その一例として、ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏が「化学への興味の原点」として挙げた書籍「ロウソクの科学」においては、製造納期を大幅に短縮することにより、受賞インタビューの2営業日後に書店に向け出荷し、従来よりも迅速に市場ニーズに応えることができた。このような、小ロット・適時製造及び適時配送体制の更なる拡充・強化を通じ、返品削減、製造コスト削減、利益率の向上に取り組んでいく。


[映像・ゲーム事業]
映像は、北米、中国に向けたアニメ「オーバーロード3」「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」「慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~」等の海外権利許諾による収入が、好調に推移している。また、IPを活用し、他社が配信するオンラインゲームとのコラボレーションによる権利許諾等が収益貢献した。

一方で、2020年3月公開の映画「Fukushima50」は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、一部地域の映画館において休館等の影響を受けたことで、想定を下回った。

ゲームは、「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」が、国内外共に引き続き好調に推移し大きく収益貢献した。本作は、米国で毎年開催されるゲーム業界のアカデミー賞とも呼ばれる「The Game Awards2019」(2019年12月12日開催)において、年間最優秀作品賞となる「Game of The Year」を受賞している。一方で、一時的な費用増があった。

この結果、当事業の売上高は483億1400万円(前の期比0.04%増)、セグメント利益()は34億100万円(前の期比13.2%減)となった。


[Webサービス事業]
動画配信サービス「ニコニコ動画」の月額有料会員(プレミアム会員)は期末には163万人(前の期末は180万人)となった。他方、動画・生放送・ブログなどを配信できるプラットフォーム「ニコニコチャンネル」の有料会員数は当期末には117万人(前の期末は95万人)まで増加し、順調に伸長した。2019年4月開催のグループ最大のイベント「ニコニコ超会議2019」では、会場来場者数16万8248人と過去最高を記録した。8月から9月にかけて開催された、アニソンライブとしては世界最大規模の「Animelo Summer Live2019-STORY-」においては、3日間で前年を上回る8万4000人を集めた。

11月1日には池袋にサテライトスタジオ「ハレスタ」をオープンした。これまでも目指していたネットとリアル、そしてバーチャルの融合を実現するべく、スタジオ技術・演出面で蓄積された制作ノウハウを集約し、最新鋭の技術とインターネットを駆使したバーチャルキャラクターによるライブパフォーマンスやアニメ・ゲーム関連のステージイベントなど幅広いコンテンツを発信していく。

また、前期よりドワンゴにおいて事業構造改革を推進し、外注費、通信費等を中心に費用が減少した。

この結果、当事業の売上高は247億3900万円(前の期比4.3%減)、セグメント利益は27億8800万円(前の期 営業損益の赤字25億7600万円)となった。


[その他事業]
教育事業は、スクール運営を行うバンタン、ドワンゴの収益貢献により、引き続き好調に推移した。インバウンド関連事業においては、ところざわサクラタウンでの新規事業に向けた先行投資を行った。MD事業においては、主に前期に販売されたアイドルCDの反動により減収となった。

この結果、当事業の売上高は194億9700万円(前の期比12.0%減)、セグメント損益は25億8300万円の赤字(前の期は26億1300万円の赤字)となった。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( KADOKAWA20年1-3月決算

企業情報(株式会社KADOKAWA)

会社名 株式会社KADOKAWA
URL http://www.kadokawa.co.jp/
設立 1954年4月
代表者 松原眞樹/井上伸一郎
決算期 3月
直近業績 売上高2086億0500万円、営業利益27億0700万円、経常利益42億0500万円、最終損益40億8500万円の赤字(2019年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 9468

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事