A-1 Picturesに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > アニメ制作大手のA-1 Pictures、20年3月期の最終...

アニメ制作大手のA-1 Pictures、20年3月期の最終益は990万円【お詫びと訂正】

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
アニメ制作大手のA-1 Picturesの2020年3月期(2019年4月~2020年3月)の決算は、最終利益が前の期比87.9%減の990万円だった。前の期(2019年3月期)の実績は8195万円だった。本日(6月29日)付の官報に掲載された決算公告で判明した。

【お詫びと訂正】
当初、公告の単位を見間違え、9907万円と記載しておりました。お詫びして訂正致します。


同社は、アニプレックスの100%子会社で、アニプレックスのアニメ作品などの企画・制作を行っている。

この期は、『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』や『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』『22/7』『劇場版 ハイスクール・フリート』などの制作実績がある。

なお、WFSと共同で運営していた『ららマジ』については6月3日をもってサービスを終えた。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( A-1 Picturesアニプレックス

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事