ソフトバンクロボティクスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 「ペッパー」など展開するソフトバンクロボティクス、20年3月...

「ペッパー」など展開するソフトバンクロボティクス、20年3月期は売上高115億円、営業損失95億円、最終損失125億円

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンクグループのロボット事業を展開するソフトバンクロボティクスの2020年3月期の決算は、売上高115億4500万円、営業損失95億8600万円、経常損失96億2100万円、最終損失125億4700万円だった。

同社は、ヒューマノイドロボット「Pepper(ペッパー)」や、サービスロボット「Whiz」などの開発・販売・メンテナンスサービスの提供を行っている。

なお、親会社であるソフトバンクロボティクスグループの業績は、売上高5億7400万円、営業損失35億2700万円、経常損失36億2500万円、最終損失278億8900万円だった。

同社は、ソフトバンクグループにおけるロボット事業を統括する持株会社として、子会社の投資育成を目的とした管理活動ならびに、ロボットプロダクトの研究開発活動を行っている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事