マーベラスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(11/16)】2Q好決算を材料に日本一ソフト...

【ゲーム株概況(11/16)】2Q好決算を材料に日本一ソフトが大幅続伸 新作コンシューマゲーム『天穂のサクナヒメ』の人気化でマーベラスが一時S高

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
11月16日の東京株式市場では、日経平均は反発し、前日比521.06円高の2万5906.93円で取引を終えた。新型コロナウイルスのワクチン開発に対する期待感から世界的な株高の流れとなり、国内市場も朝方から買いが先行し、再びバブル後の高値を更新した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、日本一ソフトウェア<3851>が商いを伴って大幅続伸した。日本一ソフトは、前週末に発表した第2四半期決算が売上高で前年同月比48%増、営業利益で同696%増と大幅な増収増益を達成したことが市場から素直に評価されたようだ。

また、11月12日に発売した新作コンシューマゲーム『天穂のサクナヒメ』が売り切れ続出となるなど人気化していると伝えられたマーベラス<7844>が一時ストップ高となり、Aiming<3911>やオルトプラス<3672>、アエリア<3758>なども買われた。

半面、第3四半期決算が2ケタ超の減収減益となったガンホー<3764>は3日ぶりに反落し、DeNA<2432>やサイバーエージェント<4751>など主力株が総じてさえない。

周辺株は、アルファポリス<9467>が大幅反落したほか、第3四半期期間の業績が上半期と比べて減速したとの見方からビーグリー<3981>も大幅続落した。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( マーベラス日本一ソフトウェア

企業情報(株式会社マーベラス)

会社名 株式会社マーベラス
URL https://www.marv.jp/
設立 1997年6月
代表者 許田周一
決算期 3月
直近業績 売上高252億9100万円、営業利益51億4700万円、経常利益51億0500万円、最終利益35億1300万円(2018年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 7844

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事